« 花見山公園でサンシュユの花がまもなく開花 | トップページ | 吾妻の駅「ここら」でハナモモやトサミズキの花が飾られる »

2011年3月15日 (火)

ハクチョウが縦長に並んで羽を休め、カモが岸辺でひなたぼっこ

P1410885_2 (2011.3.13)

福島市岡部にあるあぶくま親水公園脇の阿武隈川で、ハクチョウが縦長に並んで羽を休め、カモが岸辺に上がってひなたぼっこをしていました。

地震の影響があったのか、雨が降ってないのに阿武隈川の水が黄緑色に濁っていました。

お知らせ

ふくしま花案内人様 3月16日(水)に実施予定の「早春・信夫山マンサクの花・観察会」は中止になりました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1410889 縦長に並ぶハクチョウたち

P1410891 岸辺で ひなたぼっこをするカモたち

P1410878 濁り水の阿武隈川

« 花見山公園でサンシュユの花がまもなく開花 | トップページ | 吾妻の駅「ここら」でハナモモやトサミズキの花が飾られる »

あぶくま親水公園・白鳥・鴨」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
まずは地震および福島原発の件でのご不安ご不便をお察しします。

私は東京在住なのですが、前日の雨があがった今朝、家や車の屋根など水の流れた跡や残った水たまりのふちに黄緑色の粉末が残っておりました。
黄砂とは違い初めて見るもので気になり、Web検索してこちらの記事にたどりつきました。
そちらは雨が降っていないのに川が黄緑、こちらは雨上がりに黄緑色の粉末、大気中に何かの粒子がまっているのではと推測したくなります。
例えば名前のリンク先URLの資料内には「(プルトニウムが)酸化しますと、極めて安定で、黄緑色とか褐色の粉末の状態の固体に……」との表記があり検索にひっかかったのですが、当方Webからの情報しか知らない素人のうえ、その情報といっても乏しい検索結果の中でのわずかなソースですので、乱暴な憶測の域を出ません。

過敏にならず、しかしいざという時には機敏に判断できる者でありたいですが、バランスをとるのは難しいです。
早く事態が収束して欲しいものです。

最後に、こんなきっかけですが、今後はこちらの記事で時々福島の自然を楽しませていただきたいと思います。

先程コメントを投稿した者ですが、黄緑色の粉末は花粉である可能性が高いようです。
例年の数十倍との情報がありました。
原発事故の印象が強く先入観をもっていたためか、個人的な不安をまき散らすようなコメントを投稿してしまったことをお詫びいたします。


東京在住 様
黄緑色の粉末は花粉の可能性が高いですね。
「アメセルのブログ」にアップした写真は13日に撮影し、放射能漏れが有ったのは15日ですから、川の水が黄緑色をしていたのは放射能漏れとは関係なく、地震による土砂崩れなどの影響かなと思っています。
花見山公園ではウメやサンシュユの花が咲き、ヒュウガミズキ、トウカイザクラ、レンギョウ、ハクモクレン、ハナモモなどが次々咲き、とてもきれいになります。
放射能漏れが無くなり、落ち着きましたら、自然が美しい福島の地をお訪ねくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハクチョウが縦長に並んで羽を休め、カモが岸辺でひなたぼっこ:

« 花見山公園でサンシュユの花がまもなく開花 | トップページ | 吾妻の駅「ここら」でハナモモやトサミズキの花が飾られる »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ