« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

福島市民家園で「おひなさま」の行事

P1410088 (2011.2.27)

福島市上名倉にある福島市民家園で、「おひなさま」の行事が行われ、旧馬場家住宅では明治25年から馬場家に伝えられた内裏様と五人囃人形が飾られていました。

この民家園にある住宅ではそれぞれ珍しいお雛様が飾られていました。旧渡辺家では五段飾り雛を、 旧筧家では小さな五段飾り雛を、  旧阿部家では平飾り雛を、 旧奈良輪家では三段飾り雛を、旧菅野家では二段飾り雛を飾っていました。

参加者たちは囲炉裏を囲んで、おひな様の話や昔話を聞き、甘酒や雛あられの接待を受けて大満足のようでした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1410091 旧馬場家の内裏雛

P1410050  旧渡辺家に飾られた五段飾り雛

P1410034 旧筧家に飾られた小さな五段飾り雛

.

P1410040  旧阿部家に飾られていた平飾り雛

P1410070_2 旧奈良輪家に飾られていた三段飾り雛

P1410075旧菅野家にかざられていた二段飾り雛

P1410105 囲炉裏の周りで話を聞く参加者たち

P1410118甘酒やあられの接待を受ける参加者たち

P1410130接待を受けた甘酒を飲む家族連れ

2011年2月27日 (日)

プラタナスの枝が青空に伸びる

P1400870 (2011.2.26)

福島市大森にある大森城山公園で、プラタナス(スズカケノキ科)が青空に枝を伸ばし、果実を沢山付けていました。

太い幹のソメイヨシノ(バラ科)の古木が目を引きました。

ウメ(バラ科)の花が咲き始め、ミツマタ(ジンチョウゲ科)の蕾が黄色く色付いていました。

近くでサザンカ(ツバキ科)の花が咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1400867 プラタナスの果実

P1400868 プラタナスの果実

P1400875 ソメイヨシノの古木

.

P1400861 ウメの花と蕾

P1400833 ミツマタの蕾

P1400822 サザンカの花

2011年2月26日 (土)

朝日に輝く二つの乳首山

P1400555_3    (2011.2.22)

福島市大森から安達太良連峰を望むと雪化粧された二つの乳首山が朝日に輝いていました。この山は左奥が通常乳首山といわれている安達太良山(標高1,699.6m)で、その手前に見えるもう一つの乳首山が篭山(標高(1,548m)です。

安達太良連峰は左から和尚山(標高1601.7m)、安達太良山、矢筈森(標高1,673m)、鉄山(標高1,709.3m)、箕輪山(標高1,728m)、鬼面山(標高1,481.6m)の順に続き、安達太良山の手前に篭山があります。

(小画面の写真はクリックすりうと拡大画面になります)

P1400575_3    朝日に輝く安達太良連峰

P1400579 安達太良山(左奥)と篭山(手前)

P1400608_3  矢筈森(左)と鉄山(右)

.

P1400609_2 箕輪山

P1400610_2 鬼面山

P1400576

箕輪山(左)と鬼面山(右)

2011年2月25日 (金)

花見山公園で紅梅の花が咲き、マンサクの花が見頃

P1400781 (2011.2.24)

福島市渡利にある花見山公園の南斜面で、コウバイ(紅梅、バラ科)とハクバイ(白梅、バラ科)の花が咲いていました。

サザンカの花が咲き、マンサクの花がほぼ満開で見頃になり、ロウバイの花が咲き続けていました。

ナンテンの果実が真赤になり、サンシュユの蕾が膨らんでいました。

地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/1102242E6XRFn.html

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1400773 コウバイの花

P1400774ハクバイの花

P1400758 サザンカの花

.

P1400734 マンサクの花

P1400812   マンサクの花

P1400729_3 ロウバイの花

.

P1400755 ロウバイの花

P1400799_2 ナンテンの果実

P1400792サンシュユの蕾

.

 

2011年2月24日 (木)

ムクドリが2羽電線にとまり朝日を浴びる

P1400587_3  (2011.2.21)

福島市大森で、快晴の朝、ムクドリ(ムクドリ科)が2羽電線にとまり、朝日を浴びていました。

このムクドリは国内全域に分布する留鳥で、農作物に害を及ぼす虫を食べる益鳥とされていますが、最近、都市部の街路樹に大量に集まようになり、騒音や糞害がしばしば問題になっています。

近くの家のテレビアンテナにムクドリやスズメ(スズメ科)がとまり、木の枝にはヒヨドリ(ヒヨドリ科)の群れがとまっていました。

福島市山田にある水田に、ハクチョウ(カモ科)の群れが飛来して、餌を探していました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1400583_2  テレビアンテナにとまったムクドリ

P1400585 テレビアンテナにとまったスズメ

P1400580 木の枝にとまったヒヨドリ

.

P1400705 水田で餌を探すハクチョウ

P1400698 水田で餌を探すハクチョウ

P1400704_3水田で餌を探すハクチョウの群れ

 

2011年2月23日 (水)

早朝に雪化粧された吾妻連峰を望む

P1400592 (2011.2.22)

福島市大森から快晴の早朝に雪化粧された吾妻連峰を望む。左から吾妻小富士(標高1,704.6m)、一切経山(標高1,948.8.m)、家形山(標高1877m)と続いています。手前中央の白い建物は信夫中学校です。

正午過ぎには一段と遠くが良く見えていたので、吾妻小富士、一切経山の噴煙や蔵王連峰を撮影しました。蔵王連峰の手前にある鉄塔はNTTドコモ東北福島ビルの送信塔です。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1400593 早朝の吾妻小富士

P1400615_2  早朝の 一切経山

P1400616 早朝の家形山(右奥)

P1400652_2   昼の吾妻小富士

P1400653_2  一切経山脇の噴煙

P1400641 蔵王連峰を望む

2011年2月22日 (火)

四季の里でスノードロップの花が咲く

P1400540 (2011.2.20)

福島市荒井にある四季の里で、スノードロップ(ヒガンバナ科)が純白の可愛い花を咲かせていていました。この花はマツユキソウ(待雪草)ともいい、冬の終わりから春先にかけて花を咲かせ、春を告げる花として知られています。花言葉は希望。

近くでクリスマスローズ(キンポウゲ科)の花が咲いており、農園レストラン前の花壇ではパンジー(スミレ科)の花が咲いていました。

園内を勢いよく流れる荒井堰の脇には雪が積もっており、芝生の上では家族連れがボール蹴りなどをして遊んでいました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1400544 スノードロップの花

P1400530スノードロップの花

P1400538 クリスマスローズの花

.

P1400528_2 パンジーの花

P1400520 雪が積もった荒井堰の流れ

P1400527 芝生の上で遊ぶ家族連れ

 

2011年2月21日 (月)

吾妻の駅「ここら」で土雛や市松人形を展示

P1400486 (2011.2.20)

福島市在庭坂にある吾妻の駅「ここら」の多目的休憩施設で、東山(会津)、酒田(庄内)、花巻(岩手)など各地の土雛(つちびな)が展示されていました。

この土雛は粘土で型に作り、乾燥させ、窯で焼き、胡粉(ごふん)を塗り、彩色して仕上げる土人形です。製作が比較的容易で、安価に、量産出来るので、江戸時代から京都・伏見を源流に全国各地で作られるようになったそうです。

豪華な衣装を着た市松人形やミニチュアの飾り雛も展示されていました。

地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/1102201X2wN4d.html

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1400502 東山の土雛

P1400505 酒田の土雛

P1400503 花巻の土雛

.

.

P1400484市松人形

P1400485 市松人形

P1400487 ミニチュアの飾り雛

2011年2月20日 (日)

福島市小鳥の森にマヒワが飛来する

P1400348 (2011.2.17)

福島市山口にある福島市小鳥の森のネイチャーセンター脇の給餌台に、マヒワ(アトリ科)が飛来していました。

この給餌台の近くにカワラヒワ(アトリ科)が飛来し、ヤマガラ(シジュウカラ科)やシジュウカラ(シジュウカラ科)も給餌台に飛来していました。近くの木の枝にカワラヒワの群れがとまっていました。

地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/11021918VC0UK.html

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1400357_2 マヒワ(♂)

P1400343_2 マヒワ

P1400356 カワラヒワ

.

.

P1400338_2 ヤマガラ

P1400337_2 シジュウカラ

P1400332_2 木の枝にとまっているカワラヒワ

2011年2月19日 (土)

「ふくしま産業交流フェア2011」が開催される

P1400401 (2011.1.18)

福島市三河南町にあるコラッセふくしま(1F~3F)で、「ふくしま産業交流フェア2011」が開催されていました。このフェアは福島市・ふくしま新産業創造推進会議の主催で、福島商工会議所・国立大学法人福島大学の共催で開催され、主に福島市内に立地している企業の主要製品が紹介されており、工業高校や関連団体などの協力により各種ロボットの展示・実演が行われていました。

コラッセふくしま4Fでは「ふくしま食品ビジネスフェア」が開催されており、福島市内に立地している企業が新製品や主力商品を展示・即売していました。このフェアではバウムラボ樹楽里のライスバウム(米粉で作ったバームクーヘン)、松月堂の りんごちゃん・桃太郎(可愛い大きなお餅菓子?)、やない製麺の桜めん(桃色のめん)、銀嶺食品工業の 柚子の故里(ゆずが入ったケーキ)、中央水産の銀ヒラス西京焼(真空パックの切り身焼魚)などが目にとまりました。これらのフェアは2月19日午後4時まで開催されています。

地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/1102181On18SC.html 

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1400383 オープニングのテープカット

P1400402ふくしま産業交流フェア2011の会場

P1400399「 ロボット:ハッスル黄門漫・遊・機」の操作に挑戦

P1400435  ふくしま食料品ビジネスフェアの会場

P1400419_2 ライスバウム

P1400420 りんごちゃん・桃太郎

.

P1400423 桜めん

P1400424 柚子の故里

P1400427銀ヒラス西京焼(左

2011年2月18日 (金)

花見山公園でマンサクとウメの花が咲き始める

P1400251 (2011.2.16)

福島市渡利にある花見山公園で、マンサクとウメの花が咲き始めました。

ロウバイの花が沢山咲いて良い香りがしていました。ジュウガツザクラの花が昨年9月から咲き続けており、ヒュウガミズキの蕾が少し膨らんできました。

地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/11021712t9NLn.html

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1400310 マンサクの花

P1400286 ウメの花と蕾

P1400288 ウメの花

.

.

P1400261 ロウバイの花

P1400282 ジュウガツザクラの花

P1400294 ヒュウガミズキの蕾

2011年2月17日 (木)

旧堀切邸で つるし雛かざり

P1400198 (2011.2.15)

福島市飯坂町にある旧堀切邸で、「旧堀切邸 つるし雛かざり」がおこなわれており、つるし雛がお座敷に沢山飾られていました。ここに飾っているつるし雛は飯坂婦人会の皆さんが手作りされたそうです。

玄関入口脇の座敷には一足早く咲いたハナモモとハクモクレンの花が飾られ、奥の座敷には大正5年頃の平飾り雛、昭和50年頃の7段飾り雛が飾られていました。同時に飯坂婦人会の皆さんが10年前に手作りされたつりしのぶ、3年前に手作りされたつるし雛や雛飾りなどが飾られていました。このつるし雛かざりは2月20日まで開催されています。

地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/1102161YUHMFW.html

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1400197_2 ハナモモとハクモクレンの花

P1400206大正5年頃の平飾り雛

P1400204  昭和50年頃の7段飾り雛

.

P1400211_2 つりしのぶ

P1400201 つるし雛

P1400203 雛飾り

.

.

P1400216可愛いつるし雛

P1400215可愛いつるし雛

P1400229_2旧堀切邸主屋(中央奥)

2011年2月16日 (水)

土蔵作りの旅館で享保雛を展示

P1400237 (2011.2.15)

福島市飯坂町にある土蔵造りのなかむらや旅館内「お休み処 和工房 木らら」で、享保雛が展示されていました。この雛は江戸時代の享保年間(1716~1736)に流行し、面長な顔に切れ長な目、能面のような静かが表情をしており、豪華な衣装を着ています。

地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/1102153ehS1Z7.html

この旅館の近くには足湯(あーしあわせの湯)、鯖湖湯、お湯かけ薬師如来、鯖湖神社、飯坂温泉発祥の地石碑、常泉寺、 旧堀切邸などがありました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1400238_2  木ららのおひな飾り

P1400239 木ららの入口

P1400232 土蔵作りのなかむらや旅館

.

P1400236 足湯(手前左)と鯖湖湯(奥)

P1400181 飯坂温泉発祥の地石碑

P1400179 鯖湖神社

.

.

P1400185 お湯かけ薬師如来

P1400189 常泉寺の山門

P1400191 旧堀切邸の表門

2011年2月15日 (火)

2011 ふくしま洋蘭展が開催される

P1400171 (2011.2.13)

福島市栄町にある中合1番館7階で、「2011 ふくしま洋蘭展」が行われていました。

この洋蘭展にはカトレア(ラン科)、デンドロビューム(ラン科)、パフィオペデルム(ラン科)、カタセタム(ラン科)などの作品が出品され、審査されて、福島市長賞、ふくしま洋蘭愛好会会長賞、福島商工会議所賞などが表示されていました。

きれいな蘭のディスプレイコーナー、明生高校生の作品コーナー、蘭の展示即売コーナーなどがあり、クリスマスローズなど草花の展示即売コーナーもありました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1400081  出品者の作品コーナー

P1400092 ディスプレイコーナー

P1400071 明成高校生による作品コーナー

.

P1400145 受賞作品(カトレア)

P1400144 受賞作品(カトレア)

P1400146 受賞作品(カトレア)

.

P1400148 受賞作品(パフィオペデルム)

P1400156_2   受賞作品(カタセタム)

P1400101蘭の展示即売コーナー

2011年2月14日 (月)

第4回 飯野つるし雛まつり

P1400050 (2011.2.13)

福島市飯野町で、第4回つるし雛まつりがおこなわれていました。この祭りには飯野学習センター、雛であい館、手作りサークル和楽館、滝沢屋、阿曽精肉店など57会場でつるし雛、飾り雛、創作人形などが展示されていました。町の駅交流館では民具や絵画が展示されていました。

土曜日・日曜日には民話茶屋で昔話を聞くことが出来ます。

今回は可愛いつるし雛や創作人形を販売している会場が多くあり、つるし雛やうさぎをイメージしたお餅を販売しているお店もあり、昨年に比べて一段と飾り付けが美しくなり、各会場のおもてなしも上手になって、お祭りらしくなっていました。

この祭りは飯野つるし雛まつり実行委員会が主催し、福島市、飯野町商工会などが後援して開催し、3月6日(午前10時~午後4時)までおこなわれます。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1390984_2 飯野学習センターのつるすし雛

P1400002 雛であい館

P1400011 阿曽精肉店

.

P1400025 滝沢屋

P1400047手作りサークル和楽館 

P1400043

新作つるし雛?

.

P1400056 おしゃれな飾り雛

P1400019民話茶屋で昔話を聞く

P1390977町の駅交流館で絵画の展示

 

2011年2月13日 (日)

あぶくま親水公園脇の阿武隈川に飛来しているハクチョウの数が増す

  P1390493 (2011.2.5)

福島市岡部にあるあぶくま親水公園脇の阿武隈川に飛来しているオオハクチョウ(カモ科)やオナガガモ(カモ科)の数が一段と増しているようでした。

水田で餌を食べたのか、羽がお腹から頭の辺りまで薄茶色に色付いているオオハクチョウがいました。ホシハジロ(カモ科)、キンクロハジロ(カモ科)もいました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1390484_2 数を増したオオハクチョウとオナガガモたち

P1390485お腹から頭の辺りが 薄茶色に色付いたオオハクチョウ

P1390487薄茶色に色付いたオオハクチョウ

.

P1390506 オナガガモ

P1390495_2ホシハジロ

P1390500 キンクロハジロ

2011年2月12日 (土)

第7期ふくしま花案内人養成講座修了式・認定証交付式

P1390587_2 (2011.2.9)

福島市曾根田町にあるA・O・Z(アオウゼ)で、第7期ふくしま花案内人養成講座の修了式・認定証交付式が行われ、福島市観光物産協会の渡辺和裕会長から一人一人認定証を受け取り、新たに19名のふくしま花案内人が誕生しました。

渡辺和裕会長と渡部八重子ふくしま花案内人会長から挨拶があり、第7期のメンバーを代表して中里トキ子さんが挨拶を行い、みんなで合唱して、瀬戸孝則福島市長の講話を聞きました。引き続いて、先輩のふくしま花案内人と新ふくしま花案内人の歓迎対面交流会が行われました。

ふくしま花案内人は福島市観光ボランティアガイドで、花見山公園で、散策コースや花の開花状況などを案内し、またサクラの花が咲く時期には福島駅で、市内周遊観光バス(ももりん号)や花見山公園行きシャトルバス(花見山号)に乗車して、市内観光ポイントなどを案内をしています。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1390591 渡辺和裕福島観光物産協会長の挨拶

P1390594渡部八重子ふくしま花案内人会長の挨拶

P1390599 第7期ふくしま花案内人代表の挨拶

.

P1390605_2 皆で合唱

P1390608瀬戸福島市長の講話

P1390616 対面交流会   

2011年2月11日 (金)

信夫三山暁まいりで羽黒神社に大わらじを奉納

P1390831 (2011.2.10)

信夫三山暁まいりで、福島市信夫山にある坂道を、長さ12m、幅1.4m、重さ2tの大わらじが100人の白いはっぴを着た担ぎ手に担がれて登っていました。

地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/1102102YcBP3D.html

この日本一の大わらじは御山にある「大わらじ作業所」で作られ、羽黒山(信夫三山の1山)の山頂にある羽黒神社に向けて午前9時に出発し、途中、福島駅前、福島稲荷神社、福島市消防本部などで休憩して、神楽舞(剣の舞や狐の農耕の舞 など)を披露しながら進み、急な岩場の坂道を上って、羽黒神社境内にある鉄塔に取り付けられ、五穀豊穣、無病息災、身体強健などを祈願して、午後3時に羽黒神社に奉納されました。

信夫三山暁まいりは2月10日~11日に行われ、300年以上の歴史を誇る冬の風物詩で、3年続けてお参りすれば恋愛成就の御利益があるといわれています。

信夫三山(羽山、羽黒山、熊野山)の登り口にある黒沼神社や護国神社の周辺には露店が並び賑わっていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1390688 稲荷神社を出発した大わらじ

P1390742 福島市消防本部に着いた大わらじ

P1390868_2急な 岩場を登る大わらじ

.

P1390895_2  鉄塔に取り付けられる大わらじ

P1390915 取り付けが完了した大わらじ

P1390636剣の舞

.

P1390651

.

狐の農耕舞 

2011年2月10日 (木)

福島市小鳥の森から吾妻連峰を望む

P1390567 (2011.2.8)

福島市山口にある小鳥の森から吾妻連峰を望む。福島市街地の奥に、真白く雪化粧された吾妻小富士、一切経山など吾妻連峰がとてもきれいに見えていました。

この森から福島競馬場の馬場やスタンドが目の前に見えていました。

この森の観察広場で黄色いキジムシロ(バラ科)の花が一輪咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1390565吾妻小富士と一切経山

P1390575福島競馬場の馬場(左手前)とスタンド(右手前)

P1390572 キジムシロの花

2011年2月 9日 (水)

福島市小鳥の森でサクラの花芽を食べるウソ

P1390543 (2011.2.8)

福島市山口にある福島市小鳥の森に、ウソ(アトリ科)が群れで飛来しており、サクラ(ソメイヨシノ、サクラ科)の花芽を食べていました。

この日はモニタリング1000里地調査(野鳥編)の調査日で、鈴木レンジャーに福島市小鳥の森ボランティアガイドが同行しました。カシラダカ(ホオジロ科)の群れ、コゲラ(キツツキ科)の群れやシジュウカラ(シジュウカラ科)、ヤマガラ(シジュウカラ科)、エナガ(エナガ科)の混群に出会う事が出来ました。可愛いルリビタキ(ツグミ科)もいました。

ネイチャーセンター脇の給餌台にはシメ(アトリ科)やカワラヒワ(アトリ科)が飛来していました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1390546_3 サクラの花芽を食べるウソ

P1390548 野鳥調査をする皆さん

P1390560給餌台にとまったシメ

.

2011年2月 8日 (火)

吾妻の駅「ここら」でお雛様を展示

P1390516_4    (2011.2.7)

福島市在庭坂にある吾妻の駅「ここら」の多目的休憩施設で、お雛様が飾られていした。ここに展示されている段飾り雛、平飾り雛、土人形雛はこの施設のスタッフや関係者が所有しているお雛様だそうです。テーブルの上にはスタッフが製作した可愛いひな飾りが置いてありました。この展示は3月7日まで。

地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/1102071OLhPay.html

この展示と同時に、桑沢富子さんの「ばあちゃんの手作り作品」・つるしびな、ひなかざり、フェルトスイーツ、こけ玉、寄せ植えなどが展示されていました。この展示は2月20日まで。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1390526 段飾り雛

P1390525 段飾り雛

P1390524 平飾り雛

.

.

P1390527 スタッフが製作したひな飾り

.

P1390520_2 ばあちゃんの手作り作品

P1390528 手作り作品のつるしびな

P1390531 手作り作品のひなかざり

.

P1390532こけ玉と寄せ植え

P1390530 フェルトスイーツ

P1390513_3  展示場全景

2011年2月 7日 (月)

タラヨウの果実が赤く色付く

P1380796 (2011.1.25)

福島市花園町の旅館大松の庭園にあるタラヨウ(モチノキ科)の木に果実がなり、赤く色付いていました。タラヨウは葉裏に傷を付けると黒くなり、字を書くことが出来るので、「葉書の木」、「郵便局の木」ともいいます。

近くにある福島市民会館入口脇の緑地に、たくましい姿の彫刻がありました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1380800 果実がなってるタラヨウの木

P1390333 タラヨウがある旅館大松の庭園

P1390334 福島市民会館入口脇の緑地にある彫刻

2011年2月 6日 (日)

青い空と真白に雪化粧された吾妻連峰

P1390372 (2011.2.3)

福島市大森から真白に雪化粧された吾妻連峰を望む。吾妻連峰は右から一切経山(標高1948.8m)、吾妻小富士(標高1704.6m)、東吾妻山(標高1974.7m、吾妻小富士のすぐ左に頂上部が少し見える)、高山(標高1804.8m)の順に見えています。水田の向こうに見える右側の低い山は大森城山公園です。

地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/1102051TEkibd.html

信夫中学校、済生会福島総合病院、福島県赤十字血液センターの建物を入れて、青い空と真白に雪化粧された吾妻連峰を写しました。

済生会福島総合病院の駐車場から見た真白に雪化粧された安達太良連峰も素敵でした。

電柱の脇にとまったハシブトガラス(カラス科)が素敵な雪山の景色を眺めているようでした?

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1390369雪化粧された吾妻小富士

P1390352 吾妻連峰を望む(手前の白い建物は信夫中学校)

P1390345 済生会福島総合病院の駐車場から吾妻連峰を望む

P1390336福島県赤十字血液センター脇から吾妻連峰を望む

P1390347済生会福島総合病院の駐車場から安達太良連峰を望む

P1390364 電柱の脇にとまってるハシブトガラス

2011年2月 5日 (土)

福島明成高校の圃場にタゲリが飛来

P1390407_2 (2011.2.4)

福島市永井川にある県立福島明成高等学校の圃場にタゲリ(チドリ科)が飛来して餌を探していました。タゲリは全長28.0cm~31.5cm、背面が光沢ある暗緑色、腹面が白色、頭部に黒い冠羽があります。

この圃場ではツグミ(ツグミ科)やハクセキレイ(セキレイ科)も餌を探していました。

福島市山田の雪が少し残った水田でカラス(カラス科)の群れが餌を探していました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります。)

P1390401_2 ツグミ

P1390356_2 ハクセキレイ

P1390422 カラスの群れ

2011年2月 4日 (金)

阿武隈峡の蓬莱岩と流量が少ない阿武隈川の流れ

P1380913_2 (2011.1.28)

福島市立子山にある村上薬師堂から阿武隈峡(県指定の名勝・天然記念物)の蓬莱岩と阿武隈川を望む。阿武隈川の流量が少なく、川原が広く露出しており、川原の日陰部分に雪が積もっていました。

地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/1102031Pdg8tO.html

村上薬師堂は南北朝時代(1340年頃)後醍醐天皇の皇子静尊法親王が霊山に向う途中、この地で亡くなられ、ここに遺骸を埋葬して冥福を祈り、後村上天皇の命を受けて、薬師如来を祀ったお堂を建て、天皇の尊号をいただいて、村上薬師寺と称され、平成2年に今の御堂が新築されたそうです。

電線にムクドリ(ムクドリ科)がとまっていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1380917川原に雪が積もった蓬莱岩

P1380909周囲が雪化粧された村上薬師堂

P1390329電線にとまったムクドリ

2011年2月 3日 (木)

大日岩の脇にある雪が積もった阿武隈川の岩場

P1380992_2 (2011.1.28)

福島市飯野町明治にある巨大な大日岩(県指定名勝天然記念物)の脇を流れる阿武隈川の岩場に薄ら雪が積もっていました。この辺りの川原は全て岩場で、岩の間が狭い所では清流が勢いよく流れていました。

地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/1102022WCKWMh.html

大日岩の近くで、ケヤキ(ニレ科)の根が岩の割れ目に深く食い込んでいました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1390002_3岩の間を勢いよく流れる清流

P1380997岩の間をゆっくり流れる清流

P1380993_2 雪が積もった岩場の川原

.

P1380996 雪が積もった岩場の川原

P1380995 巨大な大日岩の壁面

P1390003 岩に食い込んだケヤキの根

 

2011年2月 2日 (水)

留石公園のモアイ石が雪で薄化粧

P1380922 (2011.1.28)

福島市飯野町大久保の留石公園にあるイースター島のモアイに似たモアイ石が雪で薄化粧されて、いつもとは違った表情を見せていました。

地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/1102011IFA0zH.html

この公園にあるどんどん山の大石や竹やぶの中の巨大な高石にも薄ら雪が積もっていました。

この公園から遠くに一望出来る安達太良連峰と吾妻連峰には薄ら雲がかかっていました。近くには「UFOふれあい館」がある千貫森が見えていました。

福島市飯野町鎮石内にある「鎮石内花やしき公園」には可愛い遊具があり、薄ら雪が降っており、ハナモモ、ソメイヨシノ、シダレザクラ、レンギョウ、ユキヤナギなどが咲く春を待っていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1380934どんどん山の大石

P1380927 雪で薄化粧された巨大な高石

P1380920 安達太良連峰(左)と吾妻連峰(右)を望む

P1380924「UFOふれあい館」がある 千貫森を望む

P1380942 花やしき公園のあづまや

P1380944 花やしき公園の遊具

2011年2月 1日 (火)

信夫学習センターで FREE STYLE FESTA がおこなわれる

P1390207 (2011.1.30)

福島市大森にある信夫学習センターで「 FREE STYLE FESTA (フリースタイルフェスタ)in信夫」が行われており、福島ウインドアンサンブルが吹奏楽を演奏していました。

福島ウインドアンサンブルに続いてAglaia(アグライア)がベリーダンスを踊り、バルーンパーフォーマーみちげがバルーンショーを行い、PERCUS ISLAND(パーカス アイランド)が和太鼓を演奏し、、ライラがベリーダンスを踊り、Style of Hula Ku'i(スタイル・オブ・フラクイ)がフラダンスを踊り、福島学院大学YOSAKOIクラブがよさこい踊りを踊り、、合計7団体のステージはそれぞれ聴きごたえ、見ごたえがある演奏や演技でした。

このFREE STYLE FESTA は福島を活気のある街にしようと、若い人たちが集まり、平成19年12月から色々なステージを楽しむ企画をたてて活動を続けているとのことです。

このFREE STYLE FESTA は次回、3月13日14時から中央学習センターで開催されるとのことでした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1390233 パーカス アイランドが演奏する和太鼓

P1390210 Aglaia(アグライア)が踊るベリーダンス

P1390248ライラが踊るベリーダンス

.

P1390254_2 スタイル・オブ・フラクイが踊るフラダンス

P1390317福島学院大学YOSAKOIクラブが踊るよさこい踊り

P1390212バルーンパーフォーマーみちげが行うバルーンショー

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ