« 大倉ダム堰堤からダム上流を望む | トップページ | 大蔵寺の境内でシオンの花にヒョウモンチョウがとまる »

2010年9月29日 (水)

四季の里でアルプス乙女の果実が色付く

P1300677 (2010.9.21)

福島市荒井にある四季の里で、アルプス乙女(リンゴ、バラ科)の果実が鈴なりで、赤く色付いていました。このリンゴは1964年に長野県松本市で育成選抜され、DNA分析によると種子親がふじで、花粉親がヒメリンゴの可能性が推定されるとのことです。果実の大きさは25~50gのミニリンゴで、外観・食味に優れていることから、商品化を図り、全日空の機内食に取り上げられ、広く知られるようになりました。

アルプス乙女の隣りで、メイポール(ミニリンゴ、バラ科)やドゴル(ミニしきリンゴ、バラ科)の果実が赤黒く色付いていました。近くにニューギニア・インパチェンスの花が咲いていました。

入り口付近で、プランターに植栽されたハイビスカスが沢山並べられ、きれいな花を咲かせていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300665 メイポールの果実

P1300667 ドルゴの果実

P1300679ニューギニア・ インパチェンスの花

.

P1300660プランターに植栽された ハイビスカスの花

P1300662 ハイビスカスの花

P1300661 ハイビスカスの花

« 大倉ダム堰堤からダム上流を望む | トップページ | 大蔵寺の境内でシオンの花にヒョウモンチョウがとまる »

四季の里」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四季の里でアルプス乙女の果実が色付く:

« 大倉ダム堰堤からダム上流を望む | トップページ | 大蔵寺の境内でシオンの花にヒョウモンチョウがとまる »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ