« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

大蔵寺の境内でシオンの花にヒョウモンチョウがとまる

P1300981  (2010.9.29)

福島市小倉寺にある大蔵寺の境内で、シオン(キク科)の花が咲き、ヒョウモンチョウ(ウラギンヒョウモン?、タテハチョウ科)がとまっていました。

ヒョウモンチョウは日本で8属14種知られていますが、どの種類も翅表側が黄茶色の地に黒い斑点が点在し、ヒョウの毛皮の模様に似ています。成虫の期間が比較的長く、晩春に羽化して、夏の暑い時期に一時活動を休止「夏眠」して、秋になると再び活動する種類が多いです。

境内にはヒガンバナ(ヒガンバナ科)やゲンノショウコ(フウロソウ科)の花が咲き、観音堂、大わらじ、稚児桜(バラ科)などがありました。

地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/1009291nVXIxt.html

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300973 シオンの花

P1300963 ヒガンバナの花

P1300966 ゲンノショウコの花

.

P1300970 観音堂

P1300969 大わらじ

P1300972 稚児桜

2010年9月29日 (水)

四季の里でアルプス乙女の果実が色付く

P1300677 (2010.9.21)

福島市荒井にある四季の里で、アルプス乙女(リンゴ、バラ科)の果実が鈴なりで、赤く色付いていました。このリンゴは1964年に長野県松本市で育成選抜され、DNA分析によると種子親がふじで、花粉親がヒメリンゴの可能性が推定されるとのことです。果実の大きさは25~50gのミニリンゴで、外観・食味に優れていることから、商品化を図り、全日空の機内食に取り上げられ、広く知られるようになりました。

アルプス乙女の隣りで、メイポール(ミニリンゴ、バラ科)やドゴル(ミニしきリンゴ、バラ科)の果実が赤黒く色付いていました。近くにニューギニア・インパチェンスの花が咲いていました。

入り口付近で、プランターに植栽されたハイビスカスが沢山並べられ、きれいな花を咲かせていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300665 メイポールの果実

P1300667 ドルゴの果実

P1300679ニューギニア・ インパチェンスの花

.

P1300660プランターに植栽された ハイビスカスの花

P1300662 ハイビスカスの花

P1300661 ハイビスカスの花

2010年9月28日 (火)

大倉ダム堰堤からダム上流を望む

P1300350 (2010.9.17)

仙台市青葉区大倉にある大倉ダムの堰堤からダム上流を望む。このダムは洪水調節、かんがい用水、水道用水、工業用水、水力発電の役割がある多目的ダムで、堰堤の下流側に美しい岩場がありりました。このダムの上流奥には定義如来があります。定義如来関連のブログ:http://amecell-garden.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-595a.html

大倉ダムから定義如来に行く途中に大倉ふるさとセンターがあり、ここには石垣家住宅(仙台市指定有形文化財)の古民家がありました。

仙台市青葉区熊ケ根に仙台市水道記念館があり、ここには青下第一ダム、青下第一ダム取水口など12の登録有形文化財があります。青下第一ダム脇のフェンスにナツアカネ(トンボ科)がとまって羽を休めていました。

仙台市青葉区ニッカにニッカウイスキー仙台工場(宮城峡蒸留所)があり、場内にあるスギ(スギ科)など木々の木肌がみな黒くなっていました。これは蒸留時、貯蔵時などに蒸発して外に流れ出たアルコールが木々に付着して、そこに細菌が繁殖して黒くなったとのことでした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300353 大倉ダムの下流にある岩場

P1300358 大倉ふるさとセンターにある古民家

P1300424 青下第一ダム

.

P1300433 ナツアカネ

P1300446_2 ニッカウイスキー仙台工場

P1300450 木肌が黒いスギの木

2010年9月27日 (月)

花見山公園でキンモクセイの花が咲き、いい香りが漂う

P1300863  (2010.9.26)

福島市渡利にある花見山公園の遊歩道脇で、キンモクセイ(モクセイ科)の花が沢山咲き、いい香りが漂っていました。

この公園ではヤマハギ(マメ科)、イヌタデ(タデ科)などの花が咲き、サンシュユ(ミズキ科)の果実が赤黒く、ウメモドキ(モチノキ科)の果実が赤く色付いていました。

(小画面の写真をクリックすると拡大画面になります)

P1300866 キンモクセイの花

P1300858キンモクセイの花

P1300890ヤマハギの花

.

P1300880 イヌタデの花

P1300895 サンシュユの果実

P1300885ウメモドキの果実

2010年9月26日 (日)

御倉邸の観月会で雅楽演奏を聴く

P1300833 (2010.9.24)

福島市御倉町にある御倉邸で、9月24日に観月会が開催され、福島県雅楽会の皆さんによって雅楽演奏が行われました。この演奏で使用された楽器は鞨鼓(かっこ)、太鼓(たいこ)、鉦鼓(しょうこ)、(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)の6種類で、篳篥が主旋律を担当し、鞨鼓が演奏を統率するとのことでした。雅楽は日本の宮廷音楽として1,200年以上も前から演奏され、形を変えることなく大切に受け継がれてきました。

雅楽演奏の前に、語り部の横山幸子さんが「お月さんにちなんだ昔話」のお話をされ、みんな興味深く聞きました。

地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/10092517aNDHq.html

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300855鞨鼓(かっこ、左)と太鼓(たいこ、右) 

P1300845 鉦鼓(しょうこ)

P1300851 笙(しょう)

P1300849篳篥(ひちりき)

P1300846 龍笛(りゅうてき)

P1300818 語り部の横山幸子さんのお話を聞く参加者たち

 

2010年9月25日 (土)

下鳥渡の彼岸花群生地でヒガンバナの花が咲く

P1300756 (2010.9.24)

福島市下鳥渡の彼岸花群生地で、ヒガンバナの花が咲き始めていました。この群生地は水田脇にある用水路の土手斜面に、長く続いていました。

花が咲き始めたこの時期には花茎が地上に伸びて、開花するまでの経過がよく観察出来ます。蕾が苞に包まれて地上に出てきたばかりの花茎、苞が破れて蕾が出かかった花茎、蕾が頂上に輪生状に並んでいる花茎、完全に開花したヒガンバナの花など、いろんな段階の花径が混在して地上に伸びていました。

道路脇には「彼岸花の群生地」の案内板がありました。

地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/1009241OCNcau.html

この群生地の近くに大森城山公園があります。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300808 地上に出てきたばかりの花茎

P1300809 苞が破れて蕾が見えている花茎

P1300749 花茎の先端に蕾が輪生状に並ぶ

.

P1300747 完全に 開花したヒガンバナの花

P1300767 道路脇にある案内板

P1300794 ヒガンバナの花と大森城山公園 

2010年9月24日 (金)

四季の里で花壇の花が色鮮やかに咲く

P1300736 (2010.9.21)

福島市荒井にある四季の里の花壇の花が秋の気配が感じられるようになって、色鮮やかになってきました。この花壇にはサルビア(シソ科)、マリーゴールド(キク科)、ブルーサルビア(シソ科)、ベゴニア(シュウカイドウ科)などの花が植栽されていました。

近くの花壇にはカラミンサ(シソ科)の白い花が咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300726 サルビアの花

P1300729 マリーゴールドの花

P1300731 マリーゴールドの花

.

P1300727 ブルーサルビアの花

P1300728 ベゴニアの花

P1300695 カラミンサの花

2010年9月23日 (木)

四季の里でミヤギノハギの花が見頃

P1300658 (2010.9.21)

福島市荒井にある四季の里の駐車場脇で、ミヤギノハギ(マメ科)が沢山咲き、見頃を迎えていました。この花は7月頃から咲いていますが、最近、秋が感じられるようになって、花数を増し美しくなってきました。

ここの花壇にはセイヨウフジバカマ(ユーパトリューム、キク科)の白い花と青い花が咲き、リコリス(ヒガンバナ科)の黄い花、薄赤紫色の花などが咲いていました。

リコリスはヒガンバナ(ヒガンバナ科)の仲間で、葉が無くて、地上に伸びた花茎の先端に花が咲き、葉の出る時期は品種によって異なり、花が終わってまもなく葉のでる「秋出葉型」、翌春に葉が出る「春出葉型」などがあります。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300657 ミヤギノハギの花

P1300683セイヨウフジバカマの白い花

P1300684セイヨウフジバカマの青い花

.

P1300681リコリスの花

P1300686リコリスの花 

P1300682リコリスの花

2010年9月22日 (水)

福島市小鳥の森でヒガンバナの花が咲く

P1300575 (2010.9.20)

福島市山口にある福島市小鳥の森で、ヒガンバナ(ヒガンバナ科)の花が咲いていました。ヒガンバナは全草有毒な多年生の植物で、夏の終わりから秋の初めに花茎が地上に突出し、その先端に5~7個の花が横を向いて輪生状に咲きます。花が終り、晩秋には線形の細い葉が出て、冬の間は葉を見ることが出来ますが、翌春には葉が枯れて無くなり、花と葉を同時に見ることは出来ません。

この森にはシラヤマギク(キク科)、キツネノカミソリ(ヒガンバナ科)、ツリフネソウ(ツリフネソウ科)、キバナアキギリ(シソ科)、キツネノマゴ(キツネノマゴ科)、ヤマウド(ウコギ科)などの花が咲き、サンカクヅル(ブドウ科)の果実が青黒く、ガマズミ(スイカズラ科)の果実がオレンジ色に、ウメモドキ(モチノキ科)の果実が赤く色付いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300542シラヤマギクの花

P1300558キツネノカミソリの花

P1300559 ツリフネソウの花

.

P1300549 キバナアキギリの花

P1300587 キツネノマゴの花

P1300583 ヤマウドの花

.

P1300557サンカクズルの果実

P1300568 ガマズミの果実

P1300573 ウメモドキの果実

2010年9月21日 (火)

花見山公園の花畑でケイトウの切り取り作業

P1300615 (2010.9.20)

福島市渡利にある花見山公園の花畑で、ケイトウ(ヒユ科)の花が咲きそろい、切り取り作業が行われていました。お彼岸の供え花として出荷されることでしょう。

この公園ではサンシュウユ(ミズキ科)の果実が赤く色付き始め、ジュウガツザクラ(バラ科)が一輪咲いていました。

また、コムラサキ(クマツズラ科)の果実が紫色に、シロシキブ(クマツズラ科)の果実が白色に、ナツハゼ(ツツジ科)の果実が黒色に、それぞれ色付いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300619咲きそろったケイトウの花

P1300630 赤く色付いたサンシュユの果実

P1300635 ジュウガツザクラの花

.

P1300611 コムラサキの果実

P1300622 シロシキブの果実

P1300636 ナツハゼの果実

2010年9月20日 (月)

福島バスまつり会場にいろいろなバスが勢ぞろい

P1300465 (2010.9.18)

福島市栄町の駅前通りが通行止めになり、福島バスまつり会場になって、福島交通、磐梯東都バス、新常磐交通、福島観光、JRバス東北など福島県内を走っているいろいろなバスが展示されて、写真撮影、乗車体験などが行われていました。

ボンネットバスの乗車体験には多くの人が集まり、乗車を待つ人の長い列が出来ていました。ももりん号の前でももりんと一緒に記念撮影や森のくまさんの前で記念撮影の会場もにぎわっていました。乗車体験のボンネットバスは白河市循環バスで、ももりん号は福島市内循環バス(桜が咲く時期には市内循環の観光バス)で、森のくまさんは裏磐梯桧原湖周遊のレトロバスです。

床が低く、スロープが伸びるとそのまま車いすやベビーカーが乗り降り出来るバスが展示されており、注目されていました。車いすに乗ってリフト付きバスへの乗車体験も行われていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300513 ボンネットバスに試乗

P1300461 ももりん号の前でももりんと一緒に記念撮影

P1300488森のくまさん の前で記念撮影

.

P1300480床が低い病院循環バス

P1300481床が低い大形バス

P1300476車いすに乗ってリフト付きバスに乗車体験

2010年9月19日 (日)

定義如来の山門と天皇塚

P1300363 (2010.9.17)

仙台市青葉区大倉にある定義如来(浄土宗極楽山西方寺)の山門前には門前町があり、賑わっていました。平家が壇ノ浦の戦いで敗れた後、平重盛公の重臣・平貞能(さだよし)が中国の欣山寺から送献された阿弥陀如来の宝軸を守り、源氏の追討を逃れるため、名を「定義」と改め、この地に隠れ住み、1198年に亡くなり、墓上に小堂を建て如来様を安置し、1706年に早坂源兵衛が出家し、西方寺を開創したそうです。(電話:022-393-2011)

境内には鐘楼堂、お手水、貞能堂(旧本堂)、天皇塚、本堂、寺務所、五重塔などがありました。

天皇塚には壇ノ浦で8歳で亡くなられた安徳天皇の遺品を埋め、塚の上に植えられた2本のケヤキが成長するにつれ1本に結ばれたことから「連理のケヤキ」と呼ばれ、縁結び、子授けのご神木として多くの人々の信仰を集め、今も子と孫の2本の木が成長していました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300368 鐘楼堂

P1300370 お手水

P1300371貞能堂(旧本堂)

.

P1300386 天皇塚(右端に孫と子のケヤキの木)

P1300394 本堂(左)と寺務所(右)

P1300402 五重塔

2010年9月18日 (土)

アキアカネが棒の先に止まる

P1300343 (2010.9.15)

福島市荒井にある畑で、アキアカネ(トンボ科)の成虫が棒の先に止まっていました。アキアカネはアカトンボの中で見かける機会が一番多くなじみ深い種類で、腹部だけ赤くなって、頭部や胸部は赤くなりません。夏の間は山で過ごし、秋になると平地に降りてきます。

クリの木の下には総苞(イガイガ)に包まれた果実が沢山落下していました。果実には穴が開いて中に虫が入っているものもありました。近くではイチジク(クワ科)の果実が熟して食べ頃になっていました。

キバナアキギリ(シソ科)、ハギ(マメ科)、シュウメイギク(キンポウゲ科)などの花が咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300278総苞の先が開きクリの果実がのぞく

P1300284クリの果実

P1300273 イチジクの熟した果実

.

P1300346_2 キバナアキギリの花

P1300312 ハギの花

P1300258_2 シュウメイギクの花

  

2010年9月17日 (金)

シカクマメの花と若い果実

P1300263 (2010.9.13)

福島市荒井の畑でシカクマメ(マメ科)の可愛い花が咲き、若い果実(莢)が付いていました。シカクマメは果実の断面がひだのついた四角形なのでこの名前があります。この若い果実(莢)はさっぱり味で癖が無く歯ごたえを楽しめます。揚げ物、炒め物、煮物などにすると美味しいです。つる性なので、お庭などに1~2本植えておくと、花と若い果実の両方を楽しむことが出来ます。

この畑ではミニトマト(ナス科)、ナス(ナス科)、ピーマン(ナス科)などの果実が収穫を待っていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300266 シカクマメの若い果実

P1300349 シカクマメの若い果実とその断面

P1300268 ミニトマトの花

P1300272 ミニトマトの果実

P1300271 ナスの果実

P1300270 ピーマンの果実

2010年9月16日 (木)

秋晴れのアンナガーデン・青い空に白い雲

P1300300 (2010.9.15)

福島市荒井のアンナガーデンにある吾妻高原・聖アンナ教会の上空には秋晴れの青い空に白い雲が浮かんでいました。この教会では結婚式がおこなわれます。一段下がった処には結婚披露宴の会場になるマナーハウス・スノースヒルがありました。

地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/1009151qttnR7.html

このアナガーデンは敷地内に原郷こけし群・西田記念館、コーヒーサロン・せいざん、茶処・せいざん、地ビール工場・みちのく福島路ビール、手作りジェラード・モンジュー、ギャラリー・ざくろ館、だがしや本舗・彩菓庵、 輸入雑貨・ プレラ、セントヒルズ・Pizza などおしゃれで面白いお店が沢山あり、駐車場も完備されているので、ドライブの休憩やデートなどで立ち寄って、一時を過ごすことが出来る楽しいスペースです。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300307マナーハウス・スノースヒル

P1300299原郷こけし群 西田記念館

P1300309コーヒーサロン・せいざん

P1300310 茶処・せいざん

P1300336 

地ビール工場・みちのく福島路ビール入口

P1300331 手作りジェラード・モンジュー(左)とギャラリー・ざくろ館(右) 

P1300329 だがしや本舗・彩菓庵

P1300332 輸入雑貨・ プレラ

P1300335_2セントヒルズ・Pizza

 

2010年9月15日 (水)

メタセコイア並木と古関裕而記念館

P1300215_2 (2010.9.12)

福島市入江町にある古関裕而記念館脇に大きなメタセコイア(スギ科)の並木がありました。この並木がある道路の両側には街路樹として、トウカエデ(カエデ科)が植樹されており、秋の紅葉が楽しみです。地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/1009141NrhXQT.html

古関裕而記念館の隣にパイプオルガンを備えた福島市音楽堂がありました。

古関裕而記念館は無料で入館することが出来て、1階にはハモンドオルガンを備えたサロンがあり、常時、映像と共に古関メロディーが流れています。2階は展示室で、幼少期から晩年までの略年譜、写真パネルやレコード、楽譜などが展示され、試聴コーナー、ビディオコーナー、作曲をする時に使用していた書斎を再現した部屋などがありました。2階に登る階段の壁には美しい色紙が沢山展示されていました。(電話番号:024-531-3012)

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300216_2 メタセコイア並木から古関裕而記念館を望む

P1300219_2 古関裕而記念館前から音楽堂を望む

P1300221_2 古関裕而記念館(左)と音楽堂(右)

.

P1300236_2 ハモンドオルガン

P1300246_2 色紙(花月ハイランドホテルの日の出)

P1300252_3  色紙(長崎の鐘)

2010年9月14日 (火)

土合舘公園の展望台から安達太良連峰を望む

P1300169 (2010.9.10)

福島市松川町にある土合舘公園の展望台から安達太良連峰を望む。白い雲の手前に見える安達太良連峰の山なみは右から鬼面山(標高1482m)、箕輪山(標高1728m)、鉄山(標高1709m)、安達太良山(乳首山、標高1700m)、和尚山(標高1602m)です。

鬼面山の手前にある山が笹森山(標高650m)で山頂に各テレビ局の送信塔があります。水田では稲穂が黄金色に稔り、収穫の時期を迎えていました。

近くの道路脇の畑にオクラ(アオイ科)、ラベンダー(シソ科)、コスモス(キク科)などの花が咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300172 安達太良山(乳首山)

P1300177 右手前の山が笹森山

P1300179水田風景

.

.

P1300192 オクラの花

P1300189 ラベンダーの花 。

P1300187 コスモスの花

2010年9月13日 (月)

ブドウの果実が袋の中で成熟し収穫を待つ

P1300109 (2010.9.9)

福島市平石にあるブドウ園で、ブドウの果実が袋の中で成熟し、収穫を待っていました。

地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/1009121IfD1sE.html

福島市内ではブドウの収穫が始まり、巨峰、高尾などの果実がJA農産物直売所「ここら」の店頭に沢山ならんでいました。

福島市内のブドウ園では巨峰、高尾などの品種が多く栽培されていますが、最近、福島県総合農業センター果樹研究所で選抜された新品種の「あづましずく」や「ふくしずく」に期待が寄せられています。「あづましずく」は8月上旬~中旬に成熟し、大粒で酸味が少なく、甘味がある品種です。「ふくしずく」は8月下旬に成熟し、やや酸味が強いが、糖度が高く濃厚な食味の品種だそうです。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300117 黄金色に稔った水田に隣接するブドウ園

P1300112 袋の中で収穫を待つブドウの果実

P1300095 袋に覆われたブドウの果実

.

P1300196農産物 直売所に並ぶブドウの果実(巨峰)

P1290959 ブドウの果実(あづましずく)

P1290958_2ブドウの果実(ふくしずく)

2010年9月12日 (日)

サルスベリの花と恐竜の里

P1300125_2 (2010.9.10)

福島市平石でサルスベリ(ミソハギ科)の花が鮮やかに咲いていました。サルスベリの花は7月頃から咲き始め、比較的長い間紅色の花が咲いているので、ヒャクジツコウ(百日紅)ともいいます。

地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/1009111SDTud6.html

サルスベリの花関連のブログhttp://amecell-garden.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-ecca.html

近くに平石恐竜の里があり、いろんな恐竜が展示されていました。この里は平石集会所脇の広場にあります。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300121_2 鮮やかな花が咲いている大きなサルスベリの木

P1300128_2展示されている恐竜

P1300129_2 展示されている恐竜

.

P1300130 展示されている恐竜

P1300133 展示されている恐竜

P1300136 平石恐竜の里の表示板

2010年9月11日 (土)

松川町で稲刈りが始まる

P1300138 (2010.9.10)

福島市松川町の土合舘公園脇の水田で、稲刈りが始まっていました。この水田の水稲は倒れて、水田に機械が入らないので手刈りをしているとのこと、結束して、稲束を棒を軸にして積み重ねて乾燥していました。

土合舘公園の展望台から眺めると整備された水田で、黄金色に稔った水稲が収穫を待っていました。

土合舘公園のアジサイの花は緑色に変わっていましたが、まだ日陰には薄青色のきれいな花が残っていました。アジサイの花関連ブログ:http://amecell-garden.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-5c7d.html

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300185 倒れた稲を刈り取りならべる

P1300140稲束を 棒を軸にして積み重ねて乾燥

P1300182 水田で黄金色に稔った水稲が収穫を待つ

P1300146土合舘公園のアジサイの花

P1300143 アジサイの花

P1300147 アジサイの花

2010年9月10日 (金)

新十綱橋から摺上川下流を望む

P1290799 (2010.8.31)

福島市飯坂町にある新十綱橋から摺上川下流を望む。摺上川に沿ってホテルや旅館が沢山建ち並んでいました。この橋の下流に十綱橋があり、その近くに福島交通飯坂線の飯坂温泉駅があります。

新十綱橋の近くに愛宕山公園があり、山頂に愛宕神社があります。近くの住宅の玄関先で、サンパラソル(キョウチクトウ科)の可愛い花が咲いていました。サンパラソルはサントリーが開発したマンデビラ(デブラデニア)の品種名です。

街なかを少し歩いて、パルセいいざかの近くにある一味庵で飯坂名物の「けしまんぢう」を買って帰りました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1290800_2 新十綱橋から摺上川上流を望む

P1290802 新十綱橋から愛宕山公園を望む

P1290793 サンパラソルの花

.

P1290795 サンパラソルの花

P1290794サンパラソルの花P1290805

一味庵

2010年9月 9日 (木)

旧堀切邸の主屋と大きなシラカシの木

P1290792 (2010.8.31)

福島市飯坂町にある旧堀切邸主屋の前、十間蔵の脇に、年代を感じさせられる大きなシラカシ(ブナ科)の木がありました。

江戸時代に堀切家は大庄屋として財力を蓄え、飢餓時の農民救済など地域経済に大きく貢献し、大正、昭和の時代に14代堀切良平の長男の善兵衛は衆議院議長、イタリア大使など、次弟の善次郎は東京市長、内務大臣などを歴任して活躍し、末弟の久五郎は衆議院議員になり福島経済界に大きな役割を果たしました。

現在の屋敷面積は4,084㎡で、十間蔵(市指定重要文化財)は1775年に建立され、建立年代が明確な県内最古の土蔵です。主屋は1880年(明治13年)に火災で焼失し、翌年に再建された近代和風建築です。屋敷内には新蔵、中の蔵、道具蔵、下蔵、離れなどがあり、足湯・手湯、トイレもあります。

旧堀切邸関連のブログhttp://amecell-garden.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-cfdd.html

堀切邸は2010年5月1日から一般に無料で公開され、足湯・手湯を気軽に楽しむことが出来ます。電話番号は024-542-8188です。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1290788堀切邸の主屋

P1290785十間蔵

P1290786十間蔵の内部

.

P1290781 塀の内は新蔵、主屋、表門と続く

P1290782_2 新蔵

P1290791 道具蔵

2010年9月 8日 (水)

花見山公園でサンシュユの果実が少し色付く

P1300023 (2010.9.5)

福島市渡利の花見山公園で、サンシュユ(ミズキ科)の果実が少し色付いていました。この果実は秋になると赤く色付きとてもきれいになります。

ナンテン(メギ科)の果実も色づき始めていましたが、マンサク(マンサク科)、シロシキブ(クマツヅラ科)の果実はまだ緑色でした。

この園内にはサルスベリ(ミソハギ科)、マツバギク(ハマミズナ科)、ヘクソカズラ(アカネ科)などの花が咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300028ナンテンの果実

P1300021 マンサクの果実

P1300085 シロシキブの果実

.

P1300017サルスベリの花

P1300086 マツバギクの花

P1300027 ヘクソカズラの花

2010年9月 7日 (火)

花見山公園の頂上展望台から福島市街地と信夫山を望む

P1300036_2 (2010.9.5)

福島市渡利にある花見山公園の頂上展望台から福島市街地と信夫山を望む。市街地の右奥にある山が信夫山で、左から羽山(標高275m)、羽黒山(標高260m)、熊野山(標高268m)の信夫三山が並んでいます。中央の羽黒山に羽黒神社あり、その境内にある足尾神社に大わらじが奉納されています「羽黒神社に参拝」のブログ」:http://amecell-garden.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-5e16.html

4月に、雪うさぎの雪形が現れる吾妻小富士や白い雪で覆われている一切経山は、この時期には山肌が現れていました。

春に鮮やかな赤い若葉を出すデショウジョウ(カエデ科)は緑色に、赤紫のノムラカエデ(カエデ科)は黄緑色を増し、サンゴカク(カエデ科)は黄緑色の葉に覆われていました。秋(11月中旬~11月下旬)の紅葉が楽しみです。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300050_2 夏の吾妻小富士

P1300051_2 夏の一切経山

P1300018_2 阿部邸前のデショウジョウ、ノムラカエデなど

P1300079_2 デショウジョウの葉

P1300076_2 ノムラカエデの葉

P1300077_2サンゴカクの葉

2010年9月 6日 (月)

花見山公園の花畑で可愛いケイトウの花が咲く

P1300080_2 (2010.9.5)

福島市渡利にある花見山公園の阿部邸脇の花畑で可愛いケイトウ(ヒユ科)の花が沢山咲いていました。ビニールハウス内ではケイトウの大きな花が咲いていました。

この公園の遊歩道脇にはヒヨドリソウ(キク科)、ベニバナボロギク(キク科)、ダンドボロギク(キク科)などの花が咲き、ベニバナボロギク、ダンドボロギクには綿毛がありました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1300081 花畑に咲いたケイトウの花

P1300010 ビニールハウス内に咲いたケイトウの花

P1300057 ヒヨドリバナの花

.

P1300065 ベニバナボロギクの花と綿毛

P1300032_2 ダンドボロギクの花

P1300033 ダンドボロギクの綿毛

2010年9月 5日 (日)

農業総合センターまつり果樹研究所会場を訪ねる

P1290940_2 (2010.9.4)

福島市飯坂町平野にある福島県農業総合センター果樹研究所で農業総合センターまつりが開催されており、果実の直売コーナーに沢山の人が集まり、試食して、品を選び、市価より安く新鮮なモモ、ナシ、ブドウ、リンゴなどを沢山買っていました。この果樹研究所は創立75周年になるそうです。

会場入口でミスピーチキャンペンクルーの出迎があり、果実の展示コーナーではモモ、ナシ、ブドウ、リンゴなどの色々な品種の果実が展示され、それぞれの品種の由来や特徴が説明されていました。

試食コーナーではナシ(幸水)、モモ(ゆうぞら)、ブドウ(あづましずく)が試食出来て、参加者たちは大喜びでした。技術相談コーナーでは参加者が研究所の担当者から色々話を聞いて勉強していました。 ふくしまサイエンスぶらっとコーナーではニュートンのリンゴのおもちゃを作り、出来上がった作品を回して、リンゴの形になることを確かめていました。

コンサート会場ではアンサンブル・ゼルコーバの「あかつきの夢」コンサートを生演奏で聴くことが出来て、楽しい一時を過ごすことが出来ました。このグループは県職員が中心とのことでした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1290970ミスピーチキャンペンクルーの出迎え

P1290957 果実の展示コーナー

P1290972 果実の展示コーナー

.

P1290965試食コーナー

P1290946 技術相談コーナーで話を聞く参加者たち

P1290980 ふくしまサイエンスぶらっとコーナー

.

P1290981 ニュートンのリンゴを回す子供たち

P1290994 「あかつきの夢」コンサート

P1290986見本果樹園のモモ

2010年9月 4日 (土)

白いソバの花が満開

P1290931_2 (2010.9.3)

福島市大笹生の畑で、ソバ(タデ科)の白い花が満開でした。右奥の山の手前にある土盛りは東北中央自動車道の建設現場です。奥に見えている山は右から半田山(863m)、御在所山(632m)、大作山(568m)です。

ソバ畑の奥には刈り取られた牧草がビニールに梱包されて並んでいました。

近くの道路脇でゲンノショウコ(フウロウソウ科)の花が咲き、メヒシバ(イネ科)、カヤツリグサ(カヤツリグサ科)などの穂が出ていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1290928 ソバ畑と梱包された牧草

P1290936 ソバの花

P1290923 ソバの花

.

.

P1290925 ゲンノショウコの花

P1290622 メヒシバの穂

P1290663 カヤツリグサの穂

2010年9月 3日 (金)

福島市小鳥の森でツリフネソウの可愛い花が咲く

P1290818 (2010.9.1)

福島市山口にある福島市小鳥の森のトンボ池近くで、ツリフネソウ(ツリフネソウ科)の可愛い花が咲いていました。

近くにはミソハギ(ミソハギ科)、コバギボウシ(ユリ科)、ノアザミ(キク科)、ミズヒキ(タデ科)、キンミズヒキ(バラ科)、ハギ(マメ科)などの花が咲いていました。

五本松沼に行くカワセミの小道の脇にはクズ(マメ科)、フクシマシャジン(キキョウ科)などの花が咲いていました。五本松沼にはカイツブリ(カイツブリ科)がいました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1290810 コバギボシの花

P1290817 ミソハギの花

P1290808_2 ノアザミの花

.

P1290834 ミズヒキの花

P1290839 キンミズヒキの花

P1290833ハギの花

.

.

P1290874 クズの花

P1290867 フクシマシャジンの花

P1290879 五本松沼のカイツブリ

2010年9月 2日 (木)

ふくしま花案内人とゆく旅・こでらんに!ふくしま城址の旅に参加

P1290137 (2010.8.18)

福島市大町の竹屋旅館(明治時代の蔵造り)で、ふくしま花案内人の話を聞きながら昼食を食べる参加者たち。

8月18日に(社)福島市観光物産協会(電話:024-531-6428)が募集している「ふくしま花案内人とゆく旅・こでらんに!ふくしま城址の旅」に参加して、竹屋旅館(旧生糸取引所)の涼しい部屋で、美味しい昼食弁当、甘い桃(あかつき)のデザート、香りが良いコーヒーをいただいて大満足でした。(参加費は2,100円)

こでらんに!ふくしま城址の旅のルートは福島駅西口出発→福島城址(土塁)→御倉邸→隈畔(福島河岸)→紅葉山公園(板倉神社)→古関裕而生誕の地→竹屋旅館(座敷蔵、昼食)→福島稲荷神社→倒岸寺(大仏)→福島駅東口で解散でした。

福島城は1679年~1682年を本多氏が、1686年~1700年を堀田氏が、1702年~1869年を板倉氏がそれぞれ独立した福島藩として支配しました。板倉氏の長期にわたる支配を通じて、現在の福島の町の基礎となった福島城とその城下町の町割形成などが完成しました。紅葉山公園脇にある板倉神社には藩祖である板倉重昌が祀られています。

板倉神社関連のブログ:http://amecell-garden.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-1685.html

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1290134福島城の本丸御殿など配置図

P1290126 福島城址(福島県庁敷地)内でふくしま花案内人の説明を聞く参加者たち

P1290144竹屋旅館のステンドグラスの窓がある座敷蔵

P1290151 福島稲荷神社 

P1290157 足尾神社

P1290179 倒岸寺の大仏

2010年9月 1日 (水)

ナシ(幸水)が収穫最盛期を迎える

P1290764 (2010.8.31)

福島市笹木野にある果樹園でナシ(梨、バラ科)の果実が大きく成長し、収穫を待っていました。この地区は美味しい福島名産・萱場梨(かやばなし)の産地です。

この地区でのナシ生産は1886年に鴫原佐蔵が笹木野原の畑にナシ苗50本を植えたのが始まりで、その後栽培方法に改良を重ねて、1914年に東京で行われた大正博覧会に出品して1等に入賞し、全国の品評会で最高の賞に輝き「うまいナシを作りをしたい」という佐蔵の夢がかないました。この美味しい萱場梨の栽培技術は現在に引き継がれ、全国の市町村別ナシ収穫量は福島市が1位です。萱場梨元祖鴫原佐蔵の頌徳碑と萱場梨 100年祭記念碑が建設されていました。

石碑建設地の地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/1008311ilulgj.html

今、幸水が収穫最盛期を迎えており、9月中旬頃から豊水、二十世紀が収穫され、10月上旬頃からあきづき、10月中旬頃から新高が収穫されます。

福島市在庭坂にある「吾妻の駅・ここら」の農産物直売所には袋詰やダンボール箱詰されたナシ(幸水)が沢山ならんでいました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1290759 袋の中で収穫を待つ萱場梨

P1290754 萱場梨元祖鴫原佐蔵の頌徳碑

P1290755萱場梨 100年祭記念碑

.

P1290748 吾妻の駅・ここらの農産物直売所

P1290749 袋詰で販売されているナシ(幸水)

P1290752 段ボールケース詰で販売されているナシ(幸水)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ