« あづま総合運動公園でヤマユリの花が見頃 | トップページ | 鶴岡市の致道博物館にある緑濃い酒井氏庭園 »

2010年7月14日 (水)

オワンクラゲがいる加茂水族館

P1240888 (2010.7.13)

山形県鶴岡市今泉にある加茂水族館にオワンクラゲ(オワンクラゲ科)がいました。このクラゲは緑色蛍光タンパク質(GFP)の働きにより、刺激に反応して生殖腺を青白発光させます。下村脩はこのGFPを発見し、2008年度のノーベル化学賞を受賞しました。

この水族館にはミズクラゲ(ミズクラゲ科)、アカクラゲ(オキクラゲ科)、ビゼンクラゲ(ビゼンクラゲ科)、スナイロクラゲ(ビゼンクラゲ科)、エチゼンクラゲ(ビゼンクラゲ科)などがいました。

アカクラゲは伸びた触手で餌をとらえて口に運ぶため、食事後は触手が縮んでいました。ビゼンクラゲは高級食用クラゲで、スナイロクラゲ、エチゼンクラゲは食用クラゲとして流通していますが安価です。

この水族館の展望台から眺めると、鳥海山が雄大で、近くに美しい海岸と灯台があり、隣の建物の上でウミネコ(カモメ科)が羽を休めていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1240908 ミズクラゲ

P1240883 アカクラゲ(食事前)

P1240910  アカクラゲ(食事後)

.

P1240899 ビゼンクラゲ

P1240896 スナイロクラゲ

P1240862_2 エチゼンクラゲ

.

P1240929 鳥海山

P1240936 灯台と海岸

P1240933 ウミネコ

« あづま総合運動公園でヤマユリの花が見頃 | トップページ | 鶴岡市の致道博物館にある緑濃い酒井氏庭園 »

福島県外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オワンクラゲがいる加茂水族館:

« あづま総合運動公園でヤマユリの花が見頃 | トップページ | 鶴岡市の致道博物館にある緑濃い酒井氏庭園 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ