« 水原にあるクマガイソウの里は今が見頃 | トップページ | 土湯堤ケ平でヒメサユリの蕾が膨らむ »

2010年5月30日 (日)

花見山公園の頂上から福島市中心部を望む

P1210591 (2010.5.28)

福島市渡利にある花見山公園の頂上から福島市中心部を望む。中央の黒いビルは高層分譲住宅、その左が福島県庁、右の緑地部分が紅葉山公園、その手前の橋が阿武隈川にかかる国道4号線の大仏橋です。福島県庁は福島城址に建てられており、紅葉山公園はかつての福島城二の丸御外庭です。

花見山公園のデショウジョウ(春もみじ、カエデ科)はすっかり黄緑色に変身し、暗紫色のノムラカエデ(カエデ科)が色どりをそえていました。サンゴカク(カエデ科)は赤い枝に黄緑色の若葉を付けていました。

公園内ではサンシュユ(ミズキ科)やハクモクレン(モクレン科)に実が付き、テッセン(キンポウゲ科)、アヤメ(アヤメ科)、シャクナゲ(ツツジ科)、カキツバタ(アヤメ科)などの花が咲いていました。池ではコイ(コイ科)がのんびり泳いでいました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1210577黄緑色に変身したデショウジョウと暗紫色のノムラカエデ

P1210621 サンゴカクの若葉

P1210584 サンシュユの実

.

P1210614ハクモクレンの実

P1210578 テッセンの花

P1210579 アヤメの花

.

.

P1210569 シャクナゲの花

P1210568 カキツバタの花

P1210574 池のコイ

« 水原にあるクマガイソウの里は今が見頃 | トップページ | 土湯堤ケ平でヒメサユリの蕾が膨らむ »

花見山公園・渡利周辺」カテゴリの記事

コメント

 初めてメールします。最近、このブログを知り、楽しみに見せていただいています。私は最近、樹木に興味を持ち、週末に図鑑を持って出歩いています。昨日はあずま総合運動公園でイヌシデの穂を初めて見つけ、感動してきました。でも、図鑑で調べてもなかなか名前が判らず、くやしい思いをしています。これからもアメセルさんのブログを見ながら勉強させていただきます。

ハルマド様
コメント有難うございました。
樹木の花や実は目立たないものが多く、気をつけていないと、見過ごす事が多いですね。でも、新しい発見が有った時にはとてもうれしいですね。これからも豊かな自然と仲良くして、おおいに楽しみましょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花見山公園の頂上から福島市中心部を望む:

« 水原にあるクマガイソウの里は今が見頃 | トップページ | 土湯堤ケ平でヒメサユリの蕾が膨らむ »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ