« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

花見山公園ではチューリップの花が咲きそろって見頃

P1190022

福島市渡利の花見山公園では赤いデショウジョウ(カエデ科)の若葉が少し黄色く色付き、チューリップ(ユリ科)の花が咲きそろって見頃をむかえていました。

ヤエザクラ(八重桜、バラ科)、ヒモモ(緋桃、バラ科)、キクモモ(菊桃、バラ科)の花が8分咲き、リキュウバイ(利休梅、バラ科)、ウコンザクラ(鬱金桜、バラ科)が3分咲きで、アマノガワ(天の川、サクラ、バラ科)の蕾が大きく膨らんでいました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1190004ヤエザクラの花

P1180971 ヒモモの花

P1180968 キクモモの花

.

P1180989 ウコンザクラの花と蕾

P1190002リキュウバイの花と蕾

P1180983 アマノガワの蕾

.

2010年4月29日 (木)

スイセンとムスカリの花が満開

P1180918

福島市立子山の大河内マサ子邸にある「花のまちチャレンジ認定ガーデン」に咲くスイセン(ヒガンバナ科)とムスカリ(ユリ科)が満開を迎え、シバザクラ(ハナシノブ科)が3分咲き程度になっていました。

約30年前から休耕地に植え始め、今では約1,000㎡にシバザクラが植えられていて、スイセン、ムスカリ、チューリプが加わり、見事な花壇になっていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1180905 シバザクラの花壇

P1180924 シバザクラの花壇

P1180907 スイセン、ムスカリ、チューリップの花壇

2010年4月28日 (水)

鎮石内花やしき公園にあるハナモモが見頃

P1180879(2010.4.28)

福島市飯野町鎮石内にある「鎮石内花やしき公園」にハナモモ(バラ科)、ソメイヨシノ(バラ科)、シダレザクラ(バラ科)、レンギョウ(モクセイ科)、ツバキ(ツバキ科)、ユキヤナギ(バラ科)等が一斉に咲いて見頃を迎え、とても綺麗でした。

ハナモモはテルテシロ(照手白、バラ科)、テルテヒメ(照手姫、バラ科)、テルテベニ(照手紅、バラ科)など箒性の品種が多く、10年以上前から河野さんのご家族が桑畑や雑木林を切り開いて植樹しているとのこと、最近では地区の多くの方たちが近くの山に順次植樹しており、写真家や観光客が花見の穴場として、次第に増えているようです。

この公園は県道40号線を飯野町中心部から三春町方面に少し走った左側にありました。

公園の向かいには蔵があり、その脇にあるソメイヨシノ(バラ科)の花が咲き、満開でした。

(小画面の写真はクリクすると拡大画面になります)

P1180878 山の斜面に咲くハナモモとレンギョウの花

P1180880 テルテベニ(手前)とソメイヨシノ(奥)の花

P1180897 ベニユキヤナギの花

.

P1180896 ハナモモとレンギョウの花

P1180891 いろいろんな品種のハナモモたちの花

P1180874 蔵とソメイヨシノの花

あぶくま親水公園にいたハクチョウやカモたちが旅立つ

P1180721(2010.4.26)

福島市岡部のあぶくま親水公園にいた多くのハクチョウやカモたちが北に旅立ち、川面が少し広くなった感じでした。でもまだ、数は少ないですが、オオハクチョウ(カモ科)、オナガガモ(カモ科)、キンクロハジロ(カモ科)、ヒドリガモ(カモ科)が残っていました。

先日降った雪で見えなくなっていた吾妻小富士右斜面にある雪形「雪うさぎ」がまた姿を現ていしました。

福島市山田の蛇音山入口のソメイヨシノ(バラ科)が満開で、近くのお宅の庭にあるシバザクラ(ハナシノブ科)が綺麗に咲いていました。蛇音山の花木畑にある矢口(ハナモモ、バラ科)とレンギョウ(モクセイ科)はまだ綺麗でした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1180719 吾妻小富士の雪うさぎ

P1180730 阿武隈川と吾妻連峰

P1180727 ハクチョウとカモたち

(2020.4.26)

P1180766蛇音山入口ノソメイヨシノ

P1180764 蛇音山入口のお宅にある庭のシバザクラ

P1180761 蛇音山の矢口とレンギョウ

(2010.4.27)

2010年4月27日 (火)

福島市小鳥の森でカスミザクラが咲く

P1180752

福島市山口にある福島市小鳥の森でカスミザクラ(バラ科)の花が咲いていました。

カスミザクラは白色の一重咲きで、東北、北陸地方の山に多く自生しており、高木になり、小枝は比較的細く、花期は比較的遅いです。

観察広場にはスミレ(スミレ科)、タチツボスミレ(スミレ科)、キジムシロ(バラ科)、エゾタンポポ(キク科)、セイヨウタンポポ(キク科)、ヤマブキ(バラ科)などの花が咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1180734 スミレの花

P1180738 タチツボスミレの花

P1180741 キジムシロの花

.

.

P1180747 エゾタンポポの花

P1180743セイヨウタンポポの花

P1180754 ヤマブキの花

 

2010年4月26日 (月)

花見山公園でリキュウバイの花が咲く

P1180655

福島市渡利にある花見山公園で、真っ白くて可愛い、リキュウバイ(バラ科)の花が咲いていました。

花見山公園ではボケ、レンギョウ、カンヒザクラ、ベニシダレザクラ、ソメイヨシノが満開で、開花が早いヤエザクラが8分咲き、リキュウバイが2分咲きになり、デショウジョウの真っ赤な葉が出ていました。ウコンザクラは蕾が大きく膨らみ、開花まじかのようでした。

花見山に行く交通規制は4月25日まで、4月26日~5月5日までは自主規制になりますので、自家用車は近くまで行って、誘導員の指示に従うようになります。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1180677 ボケの花

P1180679 レンギョウの花

P1180682 カンヒザクラの花

.

P1180700 ヤエザクラの花

P1180703 デショイジョウの葉

P1180696 ウコンザクラの蕾

2010年4月25日 (日)

飯坂温泉「花ももの里」で矢口や中生白が満開

P1180457

福島市飯坂町舘ノ山の飯坂温泉「花ももの里」では約40種類あるハナモモ(バラ科)が次々開花しており、今はヤグチ(矢口)、ナカテジロ(中生白)、カンヒトウ(寒緋桃)が満開でした。

ツクバニゴウ(筑波2号)、ヤエザキバントウ(八重咲幡桃)が8分咲き、テンシンスイミツトウ(天津水蜜桃)、キョウサラサ(京更紗)、テルテヒメ(照手姫)、テルテシロ(照手白)、シロシダレ(白枝垂)、ウンリュウモモ(雲竜桃)が2~3分咲き、オヒヨモモ(おひよもも)、ヒトウ(緋桃)が咲き始めでした。

4月29日からの連休頃にはテルテヒメなど箒性やシロシダレなど枝垂れ性の花ももが咲きそろって、見頃を迎えることでしょう。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1180492 右手前が寒緋桃、左列が照手姫など箒性の花もも

P1180520 矢口の花

P1180514 中生白の花

.

.

P1180482 寒緋桃の花

P1180463 京更紗の花

P1180474 筑波2号の花

.

P1180477 八重咲幡桃の花

P1180529 おひよももの花

P1180509 天津水蜜桃の花

2010年4月24日 (土)

慈徳寺の「種まき桜」がほぼ満開

P1180556

福島市佐原の慈徳寺にあるシダレザクラ(市指定天然記念物、バラ科)がほぼ満開で、見頃を迎えていました。この桜は樹齢300年以上と推定され、古くから人々はこの桜が咲き始めると、苗代に種をまいたので「種まき桜」として親しんできました。

福島市荒井の国道115号線脇、福島県農業総合センター畜産研究所前にあるソメイヨシノ(バラ科)のサクラ並木がほぼ満開になっていました。

福島市小田の墓地に1本あるシダレザクラが散り始めていました。

福島市小田の陽林寺にあるサクラもほぼ満開で見頃を迎えていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1180554慈徳寺にある シダレザクラの花

P1180570 畜産研究所前のサクラ並木

P1180581 小田のシダレザクラ

.

P1180610陽林寺の山門とサクラ

P1180607陽林寺のサクラ

P1180608 陽林寺のサクラ

2010年4月23日 (金)

大森城山公園のソメイヨシノが満開

P1180369(2010.4.21)

福島市大森の大森城山公園にあるソメイヨシノ(バラ科)が満開を迎えていました。この公園にはソメイヨシノの古木が多く、見事な花を咲かせていました。

オオシマザクラ(バラ科)も満開で、ヤマツツジ(ツツジ科)やユキヤナギ(バラ科)の花も咲いていました。花壇に はシバザクラ(ハナシノブ科)が咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1180356ソメイヨシノの花

P1180357 ソメイヨシノの花

P1180346 ソメイヨシノの花

.

P1180389オオシマザクラの花

P1180393 ヤマツツジの花

P1180365_2 シバザクラの花

2010年4月22日 (木)

花見山公園ではヤエベニシダレザクラの花が見頃

P1180339

福島市渡利にある花見山公園ではソメイヨシノ(バラ科)、カンヒザクラ(バラ科)、ジュウガツザクラ(バラ科)、ヤグチ(ハナモモ、バラ科)、レンギョウ(モクセイ科)、ボケ(バラ科)、ベニバスモモ(バラ科)、カンパク(バラ科)が満開で、ヤエベニシダレザクラ(バラ科)が8分咲き、リキュウバイ(バラ科)が咲き始め、ヒモモ(バラ科)やウコンザクラ(バラ科)の蕾が膨らんでいました。これまで主役だったヒガンザクラ(コヒガン、バラ科)の多くが散り、ソメイヨシノが満開になって、公園の景色が少し変わってきました。

公園入り口にあるヤエベニシダレが美しく、公園を訪れる人たちの撮影ポイントになっていました。デショウジョウ(カエデ科)の赤い若葉が人目を引いていました。チューリップ(ユリ科)畑では赤、白、黄色の花が可愛く咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1180298 ヤエベニシダレザクラの花

P1180335 リキュウバイの花と蕾

P1180321 ベニバスモモの花

.

P1180308 ヒモモの蕾

P1180322 デショウジョウの若葉

P1180326チューリップ畑

2010年4月21日 (水)

大蔵寺のシダレザクラが満開

P1180187 (2010.4.18)

福島市小倉寺の大蔵寺参道入口にあるシダレサクラ(バラ科)が満開でした。

二本松市根崎の本久寺にはエドヒガンザクラ(バラ科)の古木が数本ありましたがいずれも満開でした。

P1180186大蔵寺のシダレザクラ

P1180180本久寺のエドヒガンザクラ

P1180182 本久寺のエドヒガンザクラ

(2010.4.18) 

2010年4月20日 (火)

本久寺のシダレザクラが満開

P1180259

二本松市根崎の本久寺にあるシダレザクラが満開でした。この桜はエドヒガンを母種としたシダレザクラで、1643年に植えたといわれており、南北17.0m、東西14.5mある古木で、二本松市指定天然記念物です。

二本松市内にある大燐寺、龍泉寺、善性時など多くの寺で、サクラの花が綺麗に咲いていました。霞ケ城公園のソメイヨシノはまだ2~3分咲きでした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1180223大燐寺のシダレザクラ

P1180232 龍泉寺のサクラ

P1180278善性寺のサクラ 

2010年4月19日 (月)

花見山は晴れてソメイヨシノが満開

P1180196

福島市渡利にある花見山公園の辺りは晴れて、昨日の大雪が消え、春の花見山の素晴らしい景色が帰ってきました。写真は手前からボケ(バラ科)、ヒガンザクラ(バラ科)、ヤグチ(矢口、ハナモモ、バラ科)、ハクモクレン(モクレン科)、ソメイヨシノ(バラ科)と並び、花見山の主役がほぼ満開をむかえて、勢ぞろいしていました。

カンパク(寒白、ハナモモ、バラ科)もほぼ満開になっていました。

バス停留所から花見山まで行きと帰りは別ルートの道路を進みますが、18日は日曜日で大変混雑していました。

バス停留所の隣にある物産広場には菓子、漬物、野菜、くだもの、弁当、酒、花などを販売するお店が有りますが、多くの人たちが立ち寄って、試食をし、お土産を買って、にぎわっていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1180205花見山公園入り口の ログハウス前にあるソメイヨシノ

P1180203 ソメイヨシノの花

P1180212 ヤグチの花

.

.

P1180208 カンパクの花

P1180213花見山からバス停留所に向う花見客の列

P1180214 物産広場前で帰りのバスを待つ花見客

2010年4月18日 (日)

花見山公園の花たちに大雪が積もる

P1180126

福島市渡利の花見山公園辺りに、時ならぬ大雪が降り続けて、4月17日午前8時50分頃には、花が咲いた木々に雪が沢山積もり、公園向かいの花木畑はすっかり冬景色になっていました。

花見山公園ではソメイヨシノ、カンヒザクラ、ハクモクレン、オカメザクラ、ジュウガツザクラ、ヤグチ(ハナモモ)などの花が雪の下で可愛く咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1180131 雪に覆われたソメイヨシノ

P1180139 雪に覆われたカンヒザクラ

P1180137 雪に覆われたハクモクレン

.

P1180143雪に覆われたオカメザクラ

P1180145 雪に覆われたジュウガツザクラ

P1180124雪に覆われたヤグチ

2010年4月17日 (土)

蛇音山の花木畑ではヒガンザクラやハナモモがほぼ満開

P1180090

福島市山田にある蛇音山(じゃおんざん)の花木畑ではヒガンザクラ(バラ科)、レンギョウ(モクセイ科)、ハナモモ(バラ科)、トザミズキ(マンサク科)がほぼ満開で、とても綺麗でした。

この花木畑から雪形の雪うさぎが見える吾妻小富士や白く雪化粧された安達太良連峰がよく見えていました。

神の内前(かみのうちまえ)の花木畑ではヒガンザクラやハクモクレン(モクレン科)が満開を迎えていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1180072 ヒガンザクラ

P1180096 ハナモモ

P1180095 トサミズキ

.

.

P1180078 吾妻小富士を望む

P1180087 安達太良連峰を望む

P1180071 神の内前の花木畑

2010年4月16日 (金)

福島市小鳥の森でヤマツツジの花が咲く

P1180053

福島市山口にある福島市小鳥の森ではヤマツツジ(ツツジ科)が咲き始めていました。

キツネノカミソリ(ヒガンバナ科)の葉の間からカタクリの花が覗いていました。曇って気温が下がっていたので、カタクリの花は反りかえるようには開いていませんでした。

広場にあるソメイヨシノ(バラ科)の花が8分咲き、ユキヤナギ(バラ科)の花はほぼ満開でした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1180054 キツネノカミソリの葉の間からのぞいたカタクリの花

P1180064 ソメイヨシノの花

P1180065 ユキヤナギの花

2010年4月15日 (木)

信夫山のソメイヨシノが満開

P1170987

福島市駒山にある信夫山の一角、駒山公園のソメイヨシノ(バラ科)が満開でした。

この公園の近くにある福島県護国神社や福島テレビ脇のソメイヨシノも満開でした。

信夫山公園から花が咲き乱れている花見山公園を遠くに見ることが出来ました。

道路脇にはユキヤナギ(バラ科)やヒトリシズカ(センリョウ科)の花が咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1170996 ソメイヨシノの花

P1180017 福島県護国神社のソメイヨシノの花

P1170976 福島テレビ脇のソメイヨシノの花

.

P1180006 信夫山公園から花見山公園を望む

P1180019 ユキヤナギの花

P1180021 ヒトリシズカの花

2010年4月14日 (水)

花見山公園とその周辺花木畑の景色が見頃

P1170934

福島市渡利にある花見山公園とその周辺花木農家の畑ではヒガンザクラ(コヒガン、バラ科)、レンギョウ(モクセイ科)、ハクモクレン(モクレンン科)が満開で、ヤグチ(矢口、ハナモモ、バラ科)、カンヒザクラ(バラ科)が8分咲きになり、カンパク(寒白、ハナモモ、バラ科)、ボケ(バラ科)の花が咲き始め、一年で最も美しい花見山の景色が楽しめる時期になりました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1170956 ヒガンザクラ(左)とヤグチ(右)

P1170962 レンギョウ

P1170928 ハクモクレン

.

P1170937 カンヒザクラ

P1170947カンパク

P1170936 ボケ

2010年4月13日 (火)

飯坂温泉「花ももの里」で開花の早い品種に花が咲く

P1170828

福島市飯坂町舘ノ山の「花ももの里」にある約40品種の花もも(バラ科)の中で、オキナワとコウカクトウ(光核桃)がはぼ満開で、ナカテジロ(中生白)とヤグチ(矢口)の花が咲き始めていました。

ヤマモモ(山桃、ロトウザクラ)はすでに花が散っていましたが、蕾が膨らんでいる品種の花ももが多く、4月18日の「飯坂温泉・花ももの里まつり」(11時~14時、飯坂温泉観光協会、電話024-542-4241)が行われる頃には多くの品種の花が咲き、見頃を迎えることでしょう。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1170809 オキナワの花

P1170807 コウカクトウの花

P1170805 ナカテジロの花

. 

P1170822 ヤグチの花

P1170804 ヤグチの蕾

P1170817花が散ったヤマモモ

2010年4月12日 (月)

大森城山公園のベニシダレザクラが満開

P1170854

福島市大森にある大森城山公園のベニシダレザクラ(バラ科)がほぼ満開になっていました。このサクラは天然記念物の三春滝桜を芽接ぎした苗を植樹しています。

ソメイヨシノ(バラ科)とオオシマザクラ(バラ科)は花が咲き始め、暖かい日が続くと一気に開花することでしょう。

ユキヤナギ(バラ科)の花が咲き始め、ウメ(バラ科)とヤブツバキ(ツバキ科)の花が咲き続けていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1170897_2ベニシダレザクラの花

P1170852 ソメイヨシノの花と蕾

P1170868 オオシマザクラの花と蕾

.

P1170850 ユキヤナギの花と蕾

P1170876 ウメの花

P1170867 ヤブツバキの花

2010年4月11日 (日)

吾妻の駅「ここら」から一切経山の噴気を望む

P1170791

福島市在庭坂にある吾妻の駅{ここら」から一切経山を望む。一切経山の左斜面から白い噴気が青空に上っていました。

吾妻小富士の左斜面にある雪形の「吾妻の雪うさぎ、種まきうさぎ」は少し細身になり、うさぎらしくなっていました。

吾妻の駅「ここら」から白く雪化粧された安達太良連峰が綺麗に見えていました。正面の大きく見える山は箕輪山(1728m)、その右の山は鬼面山(1481m)、山なみの左端に乳首のように少し高くなった山が安達太良山(1700m)です。

吾妻の駅「ここら」には市内の方たちが直販されている野菜など農産物を買い来られて、休憩施設で休んで行かれていました。仙台、いわき、会津若松などから来られた方たちは花見山に行く道順をたずねられたり、観光穴場の情報収集をされていました。また、トイレ休憩される方も多くいました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1170776吾妻小富士の雪形「吾妻の雪うさぎ」

P1170780 安達太良連峰

P1170789_2 高湯街道福島駅方面を望む(左が吾妻の駅)

2010年4月10日 (土)

花見山公園のオカメザクラが満開

P1170751_3

福島市渡利の花見山公園にあるオカメザクラ(バラ科)が満開でとても綺麗でした。

オカメザクラはイギリスの桜研究家イングラムがカンヒザクラとマメザクラを交配して作出、淡い紅色の一重咲き、多くの花が2輪並んで下を向いて咲いています。

花見山公園とその周辺の花木畑ではトウカイザクラ(バラ科)、レンギョウ(モクセイ科)、ヒュウガミズキ(マンサク科)、サンシュユ(ミズキ科)の花が満開で、ヒガンザクラ(バラ科)の花が8分咲き、カンヒザクラ(バラ科)、ハクモクレン(モクレン科)、ハナモモ(バラ科)が2分咲き、ボケ(バラ科)、ソメイヨシノ(バラ科)の花が咲き始めて、花木畑がある山の眺めが見頃を迎えました。

花見山公園ではカワズザクラ(バラ科)の花が咲き、ヒオトメツバキ(ツバキ科)が花数を増していました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1170721_2 花見山公園向にある花木畑の眺め

P1170730 ヒガンザクラの花

P1170737カンヒザクラの花と蕾

.

P1170727ハナモモの花と蕾

P1170757 ハクモクレンの花と蕾

P1170745 カワズザクラの花

2010年4月 9日 (金)

蛇音山のトウカイザクラが満開

P1170530

福島市山田にある蛇音山(じゃおんざん)の花木畑ではトウカイザクラ(バラ科)が満開で、その美しさはお見事、桃源郷にいるようでした。

また、この花木畑から雪うさぎの雪形がある吾妻小富士と白く雪化粧された一切経山がよく見えました。

この花木畑ではレンギョウ(モクセイ科)の花が満開で、ハナモモ(バラ科)の花が咲き始めていました。

JA新ふくしま南支店(電話024-546-4302)では4月10日(土)と11日(日)に「ひらた花咲まつり」をおこない、蛇音山、神ノ内前(かみのうちまえ)、神場(かんば)地区の花木畑で、花の案内とおもてなしがおこなわれます。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります

P1170520 トウカイザクラの花

P1170560_2吾妻小富士と一切経山を望む

P1170502 レンギョウの花

.

P1170565 ハナモモの花と蕾

P1170480 神の内前の花木畑と案内板P1170485 

神場地区の花木畑

2010年4月 8日 (木)

吾妻の駅「ここら」と種まきうさぎ

P1170452 

福島市在庭坂にある吾妻の駅「ここら」が4月2日にオープンして、にぎわっていました。写真の建物と看板の間に吾妻小富士が見えて、その山肌に雪うさぎの雪形が見えています。

この雪形を「吾妻の雪うさぎ」と呼び、昔からこの雪うさぎが見えるようになると、農家の人々が苗代に種もみを播き始めることから、「種まきうさぎ」とも呼ばれています。

吾妻の駅「ここら」には駐車場、トイレ・休憩・情報交換施設と軽食・パン工房・農産物直売施設が有りました。農産物直売施設ではおもち、まいたけご飯、混ぜご飯などをパックに詰めて販売しているので、お弁当として直ぐに食べることが出来ます。また、お土産品も販売していました。手軽に立ち寄れる観光基地としての利用が期待されます。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1170477吾妻小富士の雪うさぎ(雪形)

P1170451 駐車場(建物は左がトイレ・休憩、右が軽食・パン・農産物直売)

P1170463休憩・情報交換スペース

.

P1170466農産物直売スペース

P1170467奥がパン工房と軽食コーナー

P1170469 花直売スペース

   

2010年4月 7日 (水)

福島市小鳥の森のカタクリが見頃

P1170415

福島市山口の福島市小鳥の森ではカタクリ(ユリ科)の花が見頃を迎えていました。

カタクリの花は木々の新芽が出ない早春、日の光が当たる明るい林床に咲きます。花が咲くまでには、毎年一枚の葉を広げ地下の根鱗茎に養分をたくわえ、7~8年目に2枚の葉を出して花を咲かせます。花の命は10日ほどで、林床が暗くなる初夏には地上から葉が消えて、来年3月まで長い眠りに入ります。

カタクリの花を下からのぞきこんで見ると、花弁の内側に、サクラの花の形をした模様が有ります。これは蜜標(みつひょう)で、虫たちに蜜のありかを教えるためのものです。またカタクリの花は温度や太陽の光にたいへん敏感で、朝気温が上がると花を開き、日が暮れると花を閉じます。昼間でも雨や雪が降ると花を閉じます。

遊歩道の脇にコスミレ(スミレ科)、フキ(キク科)、ショウジョウバカマ(ユリ科)、セントウソウ(セリ科)の花が咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1170435 花の中央にある模様が蜜標

P1170408カタクリの群生地

P1170446 コスミレの花

.

.

P1170442 フキの花

P1170440 ショウジョウバカマの花

P1170443セントウソウの花   

2010年4月 6日 (火)

花見山公園とその周辺の花はまもなく見頃

P1170280

福島市渡利の花見山公園とその周辺の花木畑で、いろいろな花がいっせいに開花して、桃源郷のような美しい景色が見られる時期を迎えました。

黄色い花はサンシュユヒュウガミズキが満開、レンギョウが5分咲き。桃色の花はオカメザクラが7分咲き、トウカイザクラが5分咲き、ハナモモヒガンザクラが咲き始め。白色の花は白梅が一部満開、ハクモクレンが咲き始めです。

主役の黄色、桃色、白色の花がそろうので、太陽が出て温かくなると一段と美しくなり、花見山周辺は4月10日前後に今年一番の見頃を迎えることでしょう。

ハクモクレンは蕾がすべて北を向くので、方向を知る事が出来、コンパスの木と言われています。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1170310 オカメザクラ

P1170333 トウカイザクラ

P1170321 レンギョウ

.

.

P1170324 ハナモモ

P1170335 ボケ

P1170276 ハクモクレン

2010年4月 5日 (月)

多摩森林科学園のヤエベニシダレがほぼ満開

P1170186

東京都八王子市廿里町の独立行政法人森林総合研究所多摩森林科学園にあるヤエベニシダレ(バラ科)がほぼ満開で、とても綺麗でした。

ヤエベニシダレは古くから栽培されているエドヒガン系のしだれ型、なかでも色の濃い品種です。

サクラ(バラ科)保存林ではカンヒザクラ、コヒガン、オオシマザクラ、マメザクラ、エドヒガン、フユザクラ、ヨコハマヒザクラ、チョウウジザクラ、ミドリザクラ等が咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1170259 カンヒザクラ

P1170254 コヒガン

P1170164 オオシマザクラ

.

P1170239 マメザクラ

P1170195エドヒガン

P1170227 フユザクラ

.

.

P1170150 ヨコハマヒザクラ

P1170260 チョウジザクラ

P1170178ミドリザクラ

2010年4月 4日 (日)

国立遺伝研究所のソメイヨシノが満開

P1170031

静岡県三島市谷田の国立遺伝研究所にあるソメイヨシノ(染井吉野、バラ科)の花が満開で、とても綺麗でした。

4月3日は国立遺伝研究所にあるサクラ(バラ科)が年一度一般に公開される日で、これを見学しました。

トウカイザクラ(東海桜)はすでに散っており、カンザン(関山)はまだ蕾でした。

キリガヤ(桐ケ谷))、ゴショザクラ(五所桜)、シロタエ(白妙)、エイシュウザクラ(瀛洲桜)、スンプザクラ(駿府桜)、サトリヒメ(衣通姫)などが咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1170025桐ケ谷

P1170028五所桜

P1170032白妙

.

.

P1170037 瀛洲桜

P1170043駿府桜

P1170049衣通姫 

2010年4月 3日 (土)

花見山公園のヒオトメツバキが花数を増す

P1160939

福島市渡利の花見山公園ヒオトメツバキ(ツバキ科)の花が可愛く咲き、その数を増していました。

ヒオトメツバキは花が咲き終わっても、すぐは落下しないで、いつまでも枝についていて、種が出来ないようです。

ヒイラギナンテン(メギ科)の花が咲き、ユキヤナギ(バラ科)の花が咲き始めました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1160938 ウメ(紅梅と白梅)の下奥に見えるのがヒオトメツバキの花

P1160894 ヒイラギナンテンの花

P1160940 ユキヤナギの花と蕾

2010年4月 2日 (金)

花見山公園でトウカイザクラの花が咲く

P1160905 (2010.4.1) 

福島市渡利の花見山公園にあるトウカイザクラ(バラ科)の花が咲き始めました。

トウカイザクラコヒガンザクラシナミザクラ交雑種と考えられており、幹に気根が有ります。小さな枝にも沢山花を付け、生け花用の花木として好まれています。

サンシュユ(ミズキ科)、ヒュウガミズキ(マンサク科)が満開で見頃を迎えており、9月から咲き続けているジュウガツザクラ(バラ科)が花数を増して元気になってきました。レンギョウ(モクセイ科)、オカメザクラ(バラ科)の花が咲き始めました。ボケ(バラ科)、ハナモモ(バラ科)、ハクモクレン(モクレン科)の蕾が大きく膨らんできました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1160935_2 ヒュウガミズキの花(左)とサンシュユの花(右)

P1160924 ジュウガツザクラの花

P1160928_2 オカメザクラの花と蕾

.

P1160913ハナモモの蕾

P1160919 ボケの蕾

P1160947 モクレンの蕾

.

2010年4月 1日 (木)

あぶくま親水公園でオオバンが羽を休める 

P1160870 (2010.3.31)

福島市岡部のあぶくま親水公園オオバン(クイナ科)が飛来して、羽を休めていました。

オナガガモ(カモ科)の多くが飛び立ったよです。でもまだ、オオハクチョウ(カモ科)、キンクロハジロ(カモ科)が多く、コハクチョウ(カモ科)、ヒドリガモ(カモ科)、オナガガモ(カモ科)、ホシハジロ(カモ科)、ヒドリガモ(カモ科)がいました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1160854ハクチョウとカモたち

P1160867 水面で羽を休めるキンクロハジロたち

P1160860 オオハクチョウ(左)とコハクチョウ(右)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ