« 凍み大根とフクジュソウの花 | トップページ | 彫刻が美しい篠葉沢稲荷神社の本殿 »

2010年3月 1日 (月)

立子山の天正寺と朝河貫一博士四歳の落書

P1150220

福島市立子山の天正寺に、歴史学者として世界的に著名な、朝河貫一博士が4歳の時に白壁に落書きした走馬の絵がありました。

境内には「立子山小学校開設の地」の石碑や石を置いた広いお庭がありました。

朝河貫一は1873年に二本松市で生まれる。1874年にこの寺の客殿を借りて立子山小学校が開設され、二本松藩士だった父朝河正澄初代校長に採用されて、一家が二本松市からこの寺に移り、幼少時期を過ごす。福島県尋常中学校(現県立安積高校)、東京専門学校(現早稲田大学)、米国ダートマス大学を卒業し、1902年イェール大学大学院を卒業する。1937年日本人初のイェール大学教授に就任。古代から近代に至る日本法制史、日本とヨーロッパの封建制度比較研究の第一人者。日露戦争から太平洋戦争に至るまで世界協調を訴え、1941年には日米開戦回避のために、フランクリン・ルーズベルト大統領から天皇宛の親書を送るよう働きかけを行った。1948年バーモント州ウエストワーズポロで死去、二本松市金色に墓所があります。

(小画面の写真はダブルクリックすると拡大画面になります)

P1150218_2 走馬の落書

P1150217「立子山小学校開設の地」の石碑

P1150219 石を置いた広いお庭

« 凍み大根とフクジュソウの花 | トップページ | 彫刻が美しい篠葉沢稲荷神社の本殿 »

立子山近辺」カテゴリの記事

コメント

2月28日に、福島県の広報番組でこの場所が取り上げられていました。画像がアップされていますので、次をクリックして見てください。
http://www.fct.co.jp/program/oshiete/
(放送日:2010年02月28日の欄を見てください。なお、Windows Media Playerをインストールする必要があります。)

形影生様
コメント有難うございました。朝河貫一博士の墓所は二本松市でよく見かけていましたが、天正寺のことは知らなくて、偶然立ち寄ったお寺に博士の落書がありました。少し調べて博士の偉大さを知り、ブログにアップしました。テレビでも取り上げられていたのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立子山の天正寺と朝河貫一博士四歳の落書:

« 凍み大根とフクジュソウの花 | トップページ | 彫刻が美しい篠葉沢稲荷神社の本殿 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ