« 立子山の天正寺と朝河貫一博士四歳の落書 | トップページ | 桑折町栗花家の享保雛と平成雛 »

2010年3月 2日 (火)

彫刻が美しい篠葉沢稲荷神社の本殿

P1150230_2

福島市立子山に安産の神様としてよく知られている篠葉沢稲荷神社がありました。この稲荷神社の本殿は1897年に竣工され、「彫刻の社」として有名です。一間社流造(いっけんしゃながれずくり)という神社本殿建築様式中一番優れた形で、屋根に反りがあり、前流れが長く美しく、用材はケヤキで、随所に精巧な彫刻が施されていています。

(小画面の写真はダブルクリックすると拡大画面になります)

P1150246_2 本殿の正面

P1150244 本殿右側面

P1150228拝殿正面

.

.

« 立子山の天正寺と朝河貫一博士四歳の落書 | トップページ | 桑折町栗花家の享保雛と平成雛 »

立子山近辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彫刻が美しい篠葉沢稲荷神社の本殿:

« 立子山の天正寺と朝河貫一博士四歳の落書 | トップページ | 桑折町栗花家の享保雛と平成雛 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ