« 蘭ディスプレイがお見事 | トップページ | ローズガーデンとギンヨウアカシア »

2010年2月 1日 (月)

鮎滝渡船場跡は国指定の史跡

P1140038_2

福島市立子山にある上蓬莱橋の下に鮎滝渡船場跡(国指定史跡)がありました。この渡船場は伊達と信夫を結ぶ交通の要所として人々の往来が多かったところです。明治8年に上流に逢隈橋が出来てこの渡しは廃止されました。川原を船着き場まで下る敷石道船をつなぐための石穴がよく保存されています。また敷石道の脇には水天宮や阿弥陀佛などの石碑がありす。

(小画面の写真はダブルクリックすると拡大画面になります)

P1140042  川の中央に突き出した岩が渡船場跡の岩

P1140049 向かい岸の渡船場跡の岩

P1140037 船をつなぐ石穴

P1140056 敷石道

P1140045  水天宮の石碑

P1140040_2 鮎滝渡船場跡から見た上蓬莱橋

« 蘭ディスプレイがお見事 | トップページ | ローズガーデンとギンヨウアカシア »

阿武隈峡・飯野堰堤」カテゴリの記事

立子山近辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鮎滝渡船場跡は国指定の史跡:

« 蘭ディスプレイがお見事 | トップページ | ローズガーデンとギンヨウアカシア »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ