« (都)小倉寺大森線と福島西道路の建設工事が急ピッチ | トップページ | 花見山公園ではマンサクの花が満開、ウメの花も見頃 »

2010年2月26日 (金)

福島市立子山地区で見た凍み豆腐の乾燥風景

P1150088

福島市立子山地区で凍み豆腐の生産がおこなわれていました。「凍み豆腐」は一般的に高野豆腐の名前で知られていますが、他と比べて少し薄いのが特徴で、一枚ずつ稲わらにはさんで暖簾のように吊るして、屋外で、寒風にあてて乾燥しています。野鳥の被害を避けるためでしょうか、すべてネットで覆われていて、水田や畑地などに点々と乾燥場がありました。この凍み豆腐は坊さんが高野山に修行に行った時に作り方を学び、この地に普及させたと云われています。

乾燥した凍み豆腐は稲わらにはさんだまま、ビニール袋に入れて包装され、販売されていました。

(小画面の写真はダブルクリックすると拡大画面になります)

P1150069 水田の中にある乾燥場

P1150076_2 .

住宅脇にP1150089ある乾燥場

.

P1150039 畑地斜面を利用した乾燥場

P1150042 .

P1150106販売されている凍み豆腐

« (都)小倉寺大森線と福島西道路の建設工事が急ピッチ | トップページ | 花見山公園ではマンサクの花が満開、ウメの花も見頃 »

立子山近辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島市立子山地区で見た凍み豆腐の乾燥風景:

« (都)小倉寺大森線と福島西道路の建設工事が急ピッチ | トップページ | 花見山公園ではマンサクの花が満開、ウメの花も見頃 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ