« 新雪に雪化粧された水田と吾妻連峰 | トップページ | オオイヌノフグリやナズナの花が咲く »

2010年2月11日 (木)

旧二本松藩戒石銘と旧奥州街道

P1140224 

二本松市郭内にある霞が城公園駐車場脇に旧二本松藩戒石銘碑がありました。この碑は寛延2年(1749年)に藩主丹羽高寛公が藩儒岩井田昨非に命じて、旧二本松藩庁前のこの自然石に、藩政改革と綱紀粛正の指針として、「爾が俸爾が禄は民の膏民の脂なり、下民は虐げ易きも上天は欺き難し」と刻ませたものと云われています。

霞が城箕輪門前にある古色豊かな市道箕輪門通り線旧奥州街道で、昭和61年に建設省から「日本の道100選」の一つに選定されています。

(小画面の写真はダブルクリックすると拡大画面になります

P1140167_2 市道箕輪門通り線(旧奥州街道)

P1140169 日本の道100選のプレート

P1140166 箕輪門

« 新雪に雪化粧された水田と吾妻連峰 | トップページ | オオイヌノフグリやナズナの花が咲く »

二本松市周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧二本松藩戒石銘と旧奥州街道:

« 新雪に雪化粧された水田と吾妻連峰 | トップページ | オオイヌノフグリやナズナの花が咲く »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ