« 安達太良山の不思議? | トップページ | 福島明成高校の牧草畑にオオハクチョウが飛来 »

2010年1月27日 (水)

岩谷観音の磨崖仏群と観音堂

P1130870_2

福島市五十辺の岩谷観音(市指定史跡及び名勝)に磨崖仏群観音堂がありました。磨崖仏群は信夫山東麓の岸壁に半浮彫りされた60体余の磨崖仏で、西国三十三観音札所に準じた33体の観音像と供養仏があり、宝永6~7年(1709~1710年)前後に彫られたと思われています。

 観音堂は石名坂の戦いで頼朝軍と戦った五十辺の豪族、伊賀良目高重の子孫、春顕が応永23年(1416年)に先祖伝来の観音像を本尊として建立したのが始まりと伝えられています。

P1130873 P1130869 P1130867P1130875_5 磨崖仏群P1130865 観音堂

 

« 安達太良山の不思議? | トップページ | 福島明成高校の牧草畑にオオハクチョウが飛来 »

信夫山・岩谷観音・古関裕而記念館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩谷観音の磨崖仏群と観音堂:

« 安達太良山の不思議? | トップページ | 福島明成高校の牧草畑にオオハクチョウが飛来 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ