« 中野不動尊に初詣 | トップページ | 雪化粧された花見山公園の庭園 »

2010年1月 2日 (土)

黒岩虚空蔵および満願寺といぼなしの鐘

P1120676

福島市黒岩の黒岩虚空蔵および満願寺(市指定史跡名勝)の虚空蔵堂から阿武隈川を望むと穏やかな流れと岸辺に積もった雪が朝日に照らされていました。

境内には「いぼなしの鐘」(国指定重要美術品)があり、上杉定勝の四女、吉良上野介の夫人、於サン=梅嶺院が如意観音菩薩を寄進して建てた観音堂がありました。また十六体の羅漢石像が雪の中にありました。

黒岩虚空蔵尊は牛寅の神様で、なで牛・なで寅の像がありました。十三詣りといって、男女13才になると詣り、知恵をもらう風習があります。

(小画面の写真はダブルクリックすると拡大画面になります)

P1120709いぼなしの鐘

P1120702 観音堂

P1120693

十六羅漢石像の一体

P1120678 なで牛なで寅

P1120697 虚空蔵堂

P1120704 客殿

« 中野不動尊に初詣 | トップページ | 雪化粧された花見山公園の庭園 »

黒岩虚空蔵・大蔵寺・文知摺観音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒岩虚空蔵および満願寺といぼなしの鐘:

« 中野不動尊に初詣 | トップページ | 雪化粧された花見山公園の庭園 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ