« 四季の里でニューイヤー・イルミネーションが開催中 | トップページ | 岩谷観音の磨崖仏群と観音堂 »

2010年1月26日 (火)

安達太良山の不思議?

P1130845

福島市大森から雪化粧された安達太良山を望む。左奥の山頂が小さく尖った山は安達太良山で、安達太良山は磐梯朝日国立公園の南端に位置する安達太良連峰の主峰、別名「乳首山(ちちくびやま)」とも呼ばれる標高1,700mの山です。手前の山頂が小さく尖った山は篭山で、標高1,548mの山です。

これまで乳首山は一つだけと思っていましたが、大森から見ると篭山も乳首山に見えて、乳首山が二つ並んであるようで、自然のいたずらか、何か神秘的で不思議な感じです。

安達太良連峰は那須火山帯に属し、北から鬼面山、箕輪山、鉄山、船明神山、安達太良山、和尚山と約9km連なっています。

(小画面の写真はダブルクリックすると拡大画面になります)

P1130836 雪化粧された安達太良連峰

P1130842 箕輪山

P1130843 鬼面山

« 四季の里でニューイヤー・イルミネーションが開催中 | トップページ | 岩谷観音の磨崖仏群と観音堂 »

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

安達太良山の別名が「乳首山」とは知りませんでした。実に言いえて妙な名前ですね。
また、色々お教えください。

ELIZABETH 様
「関西人の福島見聞録」を楽しく拝見してます。着眼点と切り口がとても面白いですね。いろいろ勉強させていただいてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安達太良山の不思議?:

« 四季の里でニューイヤー・イルミネーションが開催中 | トップページ | 岩谷観音の磨崖仏群と観音堂 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ