ユキヤナギの花

Dscf2017

ユキヤナギの花    (2024.4.10)

福島市小田にある「花野山」(チャレンジ認定ガーデン)で、白いユキヤナギ(雪柳、バラ科)の花が咲いていました。この花は原産地が日本、中国、開花期が3月~4月で、花言葉が「静かな思い、愛らしい」です。」

 

 

2024年4月19日 (金)

ハナモモの花

Dscf2003

ハナモモの花      (2024.4.10)

福島市小田にある「花野山」(チャレンジ認定ガーデン」で、ハナモモ(花桃、バラ科)の花が咲いていました。この花は原産地が中国、開花期が3月~4月で、花言葉が「気立てのよさ、あなたに夢中」です。

2024年4月18日 (木)

コブシの花

Dscf2005

コブシの花       (2024.4.10)

福島市小田にある.「花野山」(チャレンジ認定ガーデン)で、白いコブシ(辛夷、モクレン科)の花が咲いていました。この花は原産地が日本、開花期が3月~4月で、花言葉が「友情、歓迎」です。

 

2024年4月17日 (水)

「花野山」に咲くカワズザクラの花

Dscf2015

「花野山」に咲くカワズザクラの花   (2024.4.10)

Dscf2020

「花野山」に咲く花たち

福島市小田にある「花野山」(チャレンジ認定ガーデン)で、カワズザクラ(河津桜、バラ科)、ソメイヨシノ、ハナモモ、ユキヤナギ、コブシ、スイセンなど多くの花が咲いていました。カワズザクラは伊豆半島の河津町で見つけられた、オオシマザクラとカンヒザクラの自然交配種だそうです。

2024年4月16日 (火)

高倉山に咲くヨウコウと.ソメイヨシノの花

Dscf2041

ヨウコウ(中央)とソメイヨシノの花  (2024.4.10)

Dscf2038

高倉山で咲くソメイヨシノとヨウコウ(中央)の花

福島市山田にある高倉山で、淡紅紫色のヨウコウ(陽光、バラ科)や淡紅色のソメイヨシノ(染井吉野、バラ科)の花が満開に咲いていました。ヨウコウはアマギヨシノとカンヒザクラの交配種で愛媛県の高岡正明により作られたそうです。。

2024年4月15日 (月)

高倉山の花桃の花と真白い吾妻連峰

Dscf2045

高倉山のハナモモと雪に覆われた吾妻連峰 (2024.4.10)

福島市山田にある高倉山で、ハナモモ(バラ科)の花がきれいに咲き、遠くに真白い雪に覆われた吾妻連峰が見えて美しい風景でした。吾妻小富士の左斜面には「雪うさぎ」の雪形が見えていました。

2024年4月14日 (日)

高倉山のモニワザクラの花

Dscf2030 

モニワザクラ(右)とソメイヨシノ(左)の花   (2024.4.10)

福島市山田にある高倉山で、モニワザクラ(バラ科)やソメイヨシノ(バラ科)の花がきれいの咲いていました。モニワザクラは福島市茂庭で誕生したソメイヨシノとチョウジザクラの自然交雑種です。開花期はソメイヨシノより1~2日早いようですが見かけはよく似ていて、白色が少し強く綺麗いです。

 

2024年3月30日 (土)

彫刻「蒼い水滴」

Dscf1892

彫刻「蒼い水滴」     (2024.3.27)

福島市黒岩にある蓬莱橋の歩道脇に、北郷悟作の彫刻「蒼い水滴」が設置されてました。「この彫刻の作品の意図には自然における水の神秘的なイメージが有ります。水は雨として空から森や木々に降り注ぎ、たっぷりと山は水を蓄えて、そしてそれを湧き出し流れ、手ですくえるほどの水になります。一滴の水を手にしようするこの像はそんな山の姿であり、また水の姿でもあります。福島市の南東に”蓬莱橋”が有ります。その下を流れる阿武隅川を背にこの像は水のあり方、その大切さを語ってくれるような気がします。」と作者が解説。1990年設置。

2024年3月29日 (金)

観光健康ウォーク(2024年5月)参加者募集

Dscf0078

あづま総合運動公園・しゃくなげの丘で咲く花(マーキータズプライズ)

下記コースの参加者を募集します。

①龍鳳寺から旧五十辺村までの史跡巡り

  5月12日(日)9:10~15:30

➁野田中央公園のユリノキと荒川桜堤公園

  5月16日(木)9:00~14:30

上記いずれのコースも資料代等600円、定員4~15人、集合場所は①が福島駅東口(古関裕而像前)、②が福島駅西口バス停

申込・問合せはNPO法人福島ツーリズムの会電話090-5593-6182(川﨑)、申込締切は開催日8日前

 

 

2024年3月28日 (木)

大島要三翁像

Dscf1881

大島要三翁像       (2024.3.27)

福島市信夫山の太子堂駐車場奥に、大島要三翁像が設置されてました。大島要三は1859年埼玉県加須市で生まれ、1881年上京し東北線鉄道施設工事の下請けを担当、1891年福島市に転居、1894年奥羽線福島・米沢間の鉄道施設工事を担当、福島電灯社長、福島民友新聞社長、福島商工会議所設立発起人代表、2代会頭、福島競馬場設立に尽力。1907年市会議員、1924年衆議院議員2期など幅広く活躍。1964年設置。

«佐藤善一郎翁像

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ