アジュガの花

P2450198_20210510094001 

アジュガの花   (2021.5.4)

福島市大森にある住宅で、青色のアジュガ(ジュウニヒトエ、シソ科)の花が咲いていました。この花は原産地がヨーロッパ、開花期が4月~5月で、花言葉が「強い友情、心休まる家庭」です。

2021年5月 9日 (日)

ナナカマドの花

P2450209

ナナカマドの花     (2021.5.4)

福島市大森にある住宅の庭で、白いナナカマド(バラ科)の花が咲いていました。この花は開花期が5月~7月で、花言葉が「慎重、賢明」です。

2021年5月 8日 (土)

スズランとオオジシバリの花

P2450195_20210508132301

スズランの花     (2021.5.4)

P2450171_20210508113001

オオジスバリの花

福島市大森にある美容室前の花壇で、白いスズラン(キジカクシ科)の花が咲いていました。この花は開花期が4月~5月で、花言葉が「純粋、再び幸せが訪れる」です。近くの水田の脇で、黄色いオオジシバリ(ツルニガナ、キク科)の花が咲いていました。この花は開花期が4月~6月で、花言葉が「人知れぬ努力」です。

2021年5月 7日 (金)

観光健康ウォーク参加者募集(J-2)

P2280422

浄楽園の池とあづまや

P2280415

ハナショウブの花

下記3コースの参加者を募集しています。

➀「吾妻修験道の不動滝にしみいるエゾハルゼミの声」を聞こう

 6月12日(土)9:05~15:20

②浄楽園のハナショウブと梅津家住宅忍びの松

 6月20日(日)9:10~15:20

③昭和の懐かしいお店、素敵な建物を訪ねよう

 6月23日(水)10:00~13:00

上記いずれも参加会費は600円で交通費と入園料は各自負担、➀と②は福島駅西口バス停、③は福島駅東口(古関裕而像前)に集合

参加申込は電話090-5593-6182 NPO法人福島ツーリズムの会   (川﨑)まで

 

 

 

2021年5月 6日 (木)

ヒナゲシとカタバミの花

P2450193

ヒナゲシの花    (2021.5.4)

P2450203

カタバモの花

福島市大森にある空地で、オレンジ色のヒナゲシ(ケシ科)の花が沢山咲いていました。この花は原産地が北アメリカ、開花期が5月~6月で、花言葉が「いたわり、恋の予感」です。近くで、カタバミ(カタバミ科)の花が咲いていました。この花は開花期が4月~10月で、花言葉が「母のやさしさ、喜び」です。

2021年5月 5日 (水)

旧花水館奥の間とシャクナゲの花

P2450168 

旧花水館奥の間   (2021.4.29)

P2450167

シャクナゲの花

福島市飯坂町にある旧花水館奥の間を訪ねました。この建物は明治30年に皇族方の御宿泊所として造営され、戦後も昭和天皇の御在所として用いられ、昭和61年9月26日浩宮徳仁親王殿下のご宿泊まで皇族の利用が49回でした。ここの庭園で、紅色のシャクナゲ(ツツジ科)の花が咲いていました。この花は開花期が4月~5月で、花言葉が「威厳、荘厳」です。

2021年5月 4日 (火)

コデマリとジャーマンアイリスの花

P2450181_20210504114701

コデマリの花     (2021.5.1)

P2450126

ジャーマンアイリスの花

福島市大森にある住宅の庭で、白いコデマリ(バラ科)の花が咲いていました。この花は原産地が中国、開花期が4月~5月で、花言葉が「友情、上品」です。近くで、青色のジャーマンアイリス(ドイツアヤメ、アヤメ科)の花が咲いていました。この花は原産地がヨーロッパ、開花期が5月~6月で、花言葉が「使者、恋のメッセージ」です。

2021年5月 3日 (月)

サクラマンテマとリンゴの花

P2450157

サクラマンテマの花    (2021.4.29)

P2450155

リンゴの花

福島市飯坂町にある住宅の庭で、淡紅紫色のサクラマンテマ(シレネ、フクロナデシコ、ナデシコ科)の花が咲いていました。この花は原産地が地中海沿岸、開花期が4月~5月で、花言葉が「恋の落とし穴にご注意、しつこさ」です。近くの果樹園で、白いリンゴ(バラ科)の花が咲いていました。この花は開花期が4月~5月で、花言葉が「選ばれた恋、好み」です。

2021年5月 2日 (日)

フジとサラサドウダンツツジの花

P2450140

フジの花      (2021.4.29)

P2450138

サラサドウダンツツジの花

福島市飯坂町にある天王寺の境内で、淡紫色のフジ(マメ科)の花が咲いていました。この花は原産地が日本。開花期が4月~5月で、花言葉が「優しさ、恋に酔う」です。近くの住宅の庭で、花弁の先端部が淡紅色で下部が黄白色で紅色の縦筋が入ったサラサドウダンツツジ(フウリンツツジ、ツツジ科)の花が咲いていました。この花は原産地が日本、開花期が4月~5月で、花言葉が「明るい未来、控えめな愛」です。

2021年5月 1日 (土)

エンドウとオダマキの花

P2450129

エンドウの花    (2021.4.25)

P2450124

オダマキの花

福島市永井川にある畑で、赤いエンドウ(マメ科)の花が咲いていました。この花は原産地が中央アジア中近東、開花期が4月~5月で、花言葉が「いつまでも続く楽しみ、必ずくる幸せ」です。近くの住宅の庭で、青白色のオダマキ(キンポウゲ科)の花が咲いていました。この花は原産地が北半球、開花期が5月~6月で、花言葉が「愚か」です。

«ネモフィラとフウロソウの花

最近のトラックバック

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ